ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

沈黙のWebマーケティング

沈黙のWebマーケティングという本を読みました。

IMG

筋肉隆々のWebマーケッター、ボーン・片桐が、40kgもあるノートパソコンで1分間に404文字タイピングしたり、10分で操作を終了しなければパソコンが301℃に発熱したりします。書いていて何のことかさっぱりわけがわかりませんが、個性豊かなキャラクターの対話形式でWebマーケティングとはどんなもんかを何となく掴むことができる本です。びっくりするぐらいに説明がむちゃくちゃですが、実際そういう本なんです。

もう少し具体的にこの本の内容を説明すると、PVを増やすためにリンクを買うのは時代遅れで逆効果という話から始まり、Webデザインとはどういうことか、Webライティングの重要性など、単にPVを増やすというわけではなく、サイトを通じた売上を伸ばすための手法がわかりやすく書かれています。Webを使ってどう商売をするべきか、という感じでしょうか。

496ページもあるかなり分厚い本なのですが、キャラクターの対話形式のため、漫画を読んでいるような感覚ですらすら読めてしまいます。

読んだ後で思ったのですが、負けいくさはアフィリエイトもしていませんし、何も売っていないんですよね。ただ、私が文章を書いて載せて楽しんでいるだけです。マーケティングも何も必要はないっちゃあないのです。にも関わらず、Googleのウェブマスターツールを使ったり、いろいろしてたりです。そのへん自分でもよくわかりません。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

© 2016 ぐわぐわ団