ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

新日本プロレスの東京ドーム大会中継にもの申したい

CSのテレ朝チャンネルで生中継をしていたので、めっちょこ楽しみにしてたんですよ。そんでもって、最後の試合、相撲で言えば結びの一番、オカダ・カズチカ VS ケニー・オメガのIWGPヘビー級選手権試合が始まったわけです。生中継ですから、リアルタイムに試合をしているわけですよ、東京ドームで。そんな映像を見て、楽しんでいたわけです。えらいこっちゃな試合です、ボキャブラリーが少なくて申し訳がないんですけど、とにかくすごい試合が目の前で繰り広げられているわけです。すごいんです。

そしたら、21時30分になって「試合の途中ですが番組を終了させていただきます。」とテロップが出てきて、次の瞬間には鉄道番組が始まりました。どういうことですか。オカダ・カズチカが渾身のレインメーカーを繰り出して、これでラストや!と思ったにも関わらず、ケニー・オメガが返してしまってオカダ呆然、さあどうするという時に突然鉄道番組ですよ、そんなことがありますか。

大阪では野球中継をぶち切りすると激怒する阪神ファンが暴動を起こすので、 ABCからサンテレビへとリレー中継みたいなことをすることがあるのですが、今回ばかりは阪神ファンの気持ちがよくわかりました。どこかでリレー中継せえよ!と思いました。実は有料番組では引き続き試合を中継していたようなのですが、そんなもん知らん。とにかく試合を見せろと思いました。ひどい文章ですね、衝動に駆られて書きなぐっているので何をかいているのかもよくわかっていません。

結局、2ちゃんねるの実況板でなんとか情報を拾い上げて、オカダ・カズチカがスクリューツームストンパイルドライバーで勝利したという情報をゲットし、ザンギエフか!と叫んでしまった次第です。オカダが勝ってよかったのかどうかはよくわかりませんが、相撲で白鵬が優勝しても何となくもんにょりするのと同じような感覚です。

とりあえず、時間を延長してでもしっかりと試合を中継するようにしていただきたいものですが、いろいろと大人の都合というものがあるのでしょう。そこに関して、とやかく言うつもりはありませんが、もうちょっとなんとかならんのかというのが私の申し上げたいところなのです。

相撲中継は偉いですよ、必ず最後まで試合を放送しますからね。ニュースの時間を削ってでも、結びの一番はきっちりと放送するのです。NHKの心意気でしょう。新日本プロレスも頑張って相撲のようになりなさい。以上です。合掌。

<おまけ>

© 2016 ぐわぐわ団