ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

声が図太い人が怖い

今回の記事をお読み頂くにあたり、まずは下記の注意点をご覧ください。

  • ヘリウムガスの使用について。変声用ヘリウムガスであっても、吸いすぎることにより酸欠状態になったり、過去において脳空気塞栓症になった事例もあるため、危険を伴うものであることを十分ご理解ください。
  • ヘリウムガスには変声用と風船用の2種類が販売されており、間違っても風船用のヘリウムガスを変声のために使用しないでください。酸素が入っていないため、酸欠状態になる危険性が極めて高く、意識障害を起こすこともあります。
  • 特に12歳以下の子どもによる事故が多いため、大人の監視のもと、吸いすぎたりしないように十分注意してください。私個人の見解ですが、子どもが遊びで使うのは危険なので使用しないほうがよいと思います。
  • 今回の記事の中で「声が図太い人」に関しての記述がありますが、私は「声」による差別を意図して文章を書いているわけではないことを申し添えます。また、声を発することができない人がいること、声にコンプレックスを持っている人がいることも十分承知したうえで、文章を書いています。
  • 記事を書く前に、Wikipedia等であらかじめ事前調査を行なっております。記事はあくまでも笑い話、ネタとしてご覧ください。
  • ぐわぐわ団の記事は全て与太話*1であり、記事の内容はフィクションです。実在する人物、団体、事件等とはいっさい関係がありません。
  • 記事の中には今日の人権意識に照らして不適切な語句や表現がありますが、時代的背景と作品の価値にかんがみ、また、筆者が個人であるためそのままとしました。
  • ぐわぐわ団(以下「当団」といいます)は、当サイトに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、時として不正確な記載を含む場合があります。このような場合において、記載が不正確であったことにより生じたいかなる損害に関しても、当団は責任を負いかねます。
  • 当サイトは、様々な環境からご利用いただける様に配慮した設計になっております。ただし一部のご利用環境によっては見た目のデザインが変わって見える場合があります。予めご了承ください。
  • 時として不正確な記載を含むというより、常に不正確な記載を含みます。繰り返しになりますが、ぐわぐわ団の記事は与太話であるということをご理解頂き、用量、用法を守って、正しくお読みください。

声が図太くて怖い人っているじゃないですか。そういう人がしゃべる時は変声用のヘリウムガスを使ってからしゃべってくれたら、世の中ちょっとはかわいくなるんじゃないのかなと思います。合掌。

*1:でたらめな話。ばか話。大辞林第三版より

© 2016 ぐわぐわ団