ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

びろーんとするとジュディ・オングを思い出す

相方がお花紙で遊んでいます。輪ゴムで括ってびろーんとすると、お花ができるというものです。100円ショップのキャンドゥで売っているそうですので、何かの機会にぜひお楽しみください。

それはそうと、お花紙をびろーんとしている時に「ジュディ・オングを思い出すねぇ」と謎の言葉をおっしゃられました。ちなみに、「言う」の尊敬語おっしゃるに尊敬語「られる」を足して、おっしゃられるというのは過剰な敬語となりますので、おっしゃっていました、と申し上げるのが正しいのです。

尊敬語はどうでもいいのです。お花紙をしていてびろーんと広げる時に、ナウなヤングは果たしてジュディ・オングを思い出すのでしょうか。ウィンジズブロウイングフロムジエージアーン、つまりアジアからの風が吹きますと英語で歌う時に、びろびろを広げる姿があまりに有名で、私と相方はびろーんとするものを見ると反射的に「ジュディ・オング!」と叫んでしまうわけなのです。しかしながら、真のヤンゲストたちがびろーんでジュディ・オングを思い浮かべるのかどうか、そこのところをきっちりとしておく必要があるのです。

というわけで、真のヤンゲスト代表として、私の姪っ子ちゃんに取材を依頼しようとしたのですが、まだ2歳になっていないので、ジュディ・オングはおろか、魅せられてすら聴いたことがない可能性もありますし、まだきっちり会話できるわけではありません。実家の愛犬・ココちゃんのほっぺたを触りながら「ほっぺ!ほっぺ!」とかわいく言うのがやっとなので、「びろーんとしたらジュディ・オングを思い出しますか!」とマイクを突きつけたら、たぶん泣き出してしまうことでしょう。

姪っ子ちゃんにそこまで過酷な取材を試みるわけにもいかないので、あとは適当に妄想で記事をでっちあげることにします。たぶん、真のヤンゲストたちはジュディ・オングではなく、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEを思い出すと思います。徹底的に若者ぶって出てきたのが三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEだったので、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEファンの方には申し訳ありませんが、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEがジュディ・オングの後継者という結論になりました。あくまでも私の妄想です。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団