ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

【素敵ブログ紹介】ジブリな結婚式がものすごくものすごい

結婚式の音楽というと「ぱぱぱぱーん!ぱぱぱぱん!ぱぱぱぱん!ぱぱぱぱんぱぱぱぱんぱぱぱぱぱぱぱ……ぱーんぱーんぱぱんぱんぱんぱん……」な『結婚行進曲』を思い浮かべますが……

おおたさんの「ジブリな結婚式を挙げました」の記事を読んでからというもの、この曲が頭から離れません。

鳥の人 〜エンディング〜

鳥の人 〜エンディング〜

  • 久石 譲
  • サウンドトラック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

この曲で新郎新婦の入場をイメージすると確かにしっくりくるんですよね。

音響担当の方と、「0:10」のところで扉を開くという段取りまでしっかり打ち合わせていました。 当日、見事タイミングばっちり。新宿京王プラザのウェディング係は優秀です。 この段階で、ジブリ披露宴にしてよかったと確信。大満足。

コンマ1秒まできっちりと決める情熱が、これでもかというぐらいに熱く綴られています。結婚式というレアイベント、一体どうしたらいいんだろう?って思われる方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、自分の好きなものにこだわりぬいた結婚式の記録って、これから結婚を考えられている人たちにとってめちゃくちゃ参考になるんじゃないかと思うのです。そして、結婚式は済ませちゃった人でも、こういう方法もあるんだね〜って楽しめるんじゃないでしょうか。少なくとも私はニヨニヨしっぱなし。

とにかく端々から「ジブリ好きだ!」が伝わってくるんですよ。

中盤(2:30~)盛り上がりどころがあるので、そこで花束を渡せたら理想だなあと思っていました。

花束贈呈のところの文章の一部なんですが、こういう細かいところを読んで、じゃあ一度この千と千尋の神隠しの「ふたたび」という曲を聴いてみようと思いましてね、ジブリのサントラってApple Musicに入っているのでしゃらっと聴けるんですよ、そんでもって中盤(2:30~)のところを聴いてみたら、確かにこのタイミングは絶妙だなぁと。こういうのって聴きこんでいないと気づかないですし、花束を渡すタイミングと音楽を合わせるという考えにも行きつかないというか。

こういう熱いこだわりと情熱が詰まった記事を読むと、なんだかとっても嬉しくなるんですよね。 特に今回の音楽の記事はApple Musicを使うと、松任谷由実の歌う「やさしさに包まれたなら」の以外は全部聴くことができるので……

こんなふうにプレイリストまで作っちゃいました。家の外で一人で歩く時はだいたい音楽を聴いているので、これまたニヨニヨしながら楽しんでみたいと思います。

仮に、私が新郎新婦入場をするのであれば、破壊王・橋本真也の入場テーマ曲「爆勝宣言」を大音量で流したいです。みんなに「はーしもとっ!はーしもとっ!」って声をあげてもらって、ずんずんと高砂に突き進みたいですね。ただし、残念ながら私の苗字は橋本ではありません。合掌。

◆今回紹介した「ジブリな結婚式を挙げました」の記事はこちらです◆

ghibliwedding.hateblo.jp

© 2016 ぐわぐわ団