ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

『選択』と『年齢』

はてなブログの特別お題です。こういう難しいお題の時こそ、横山弁護士ネタでお茶を濁しまくろうと思ったのですが、先日も横山弁護士ネタでお茶を濁しまくったばっかりです。そろそろ、横山弁護士とぐわぐわ団との癒着が文春砲でフライデーされてしまうかもしれません。ぐわぐわ団は潔癖なんですけどねぇ。 

 

それはそうと、『選択』と『年齢』ということですので「年齢を選択できるなら何歳がよいか?」という話にすり替えてしまいます。私は万障繰り合わせて、100歳を選択したいと思います。100歳ともなれば、何をしても「すごい!」って言われます。iPhoneを使いこなせば「100歳でiPhoneを!」って言われて、Apple がおしゃんてぃーな自社CMに起用してくれるかもしれません。はてなブログを書いたら「100歳が書くブログ」として、はてなスターが2割増しかもしれません。100歳ともなれば、多少むちゃくちゃなことを書いても「100歳なんだから」というありがたい先入観が生まれますし、顔出しをしたところで失うものはありませんから、ばんばん顔出しできることでしょう。敢えて女子校生に化けてブログを書くのもよいのですが、時折現れる「えもんかけ」や「ベーゼ」といった言葉で「あの人は本当は100歳じゃないか?」と疑われ始めて、機が熟したところでどばーん!あの女子校生ブロガーが実は100歳ブロガーだった!なんてことで、はてなブックマークが3つぐらい付くかもしれません。

100歳にもなれば、うっかり死んでしまったとしても「まあ100歳まで生きたんだから大往生ですね。」って言われて、あんまり悲しまれることもなく、あの世に旅立つことができます。こればっかりは若い人にできることではありません。

というわけで、年齢が選べるんだったら100歳がいいなってことで、まあまあお茶を濁した感じになりました。とりあえず生きてさえいれば、そのうち100歳になることができるので、のんびり100歳になるのを待つことにします。

そうそう、「ベーゼ」というのは、今で言うところの「キス」のことです。「接吻」と言ったほうがわかりやすいでしょうか。岡田あーみんの漫画が好きな人であれば「トマホーク・ベーゼ」という単語を目にしただけで笑えるスイッチが入ってしまうぐらいの超強力な単語です。SK-IIを使って、ベーゼに備えましょう。おお、なんとなくスポンサーにへつらった感じ。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団