ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ジャンボと聞くだけでちょっとおもしろい

ジャンボ!

なんとなく楽しくなりませんか、ジャンボって言葉。

ジャンボって象の名前なんだそうです。Wikipediaより引用。

ジャンボ(Jumbo、 1861年 - 1885年9月15日) は、実在した著名な象の名前である。「巨大」を意味する言葉「ジャンボ」(たとえばボーイング747旅客機)の語源となった。

だからどうしたというわけではありません。なんとなくジャンボって言葉が愉快でステキだな〜というだけなのです。宝くじもジャンボ宝くじになったら、お値段も愉快ですが、当たった時の破壊力は素晴らしいものです。

飛行機もジャンボジェットはものすごく大きいです。実はジャンボジェットはボーイング747の通称です。 エアバス社のA380はボーイング747より大きいですが、ジャンボジェットとは呼びません。あくまでもジャンボジェットはボーイング747なのですが、だからどうしたというわけではありません。なんとなく書きたかっただけです。

A380というのは総2階建ての飛行機で、とにかくものすごく大きいです。大きすぎて、採算に合う路線が限られます。伊丹空港から但馬空港までの路線でA380を飛ばしたところで大赤字になります。さすがに航空業界のど素人の私でもわかります。伊丹空港から但馬空港までの所要時間は40分、飛んだら着陸するぐらいの勢いです。

でも、いろいろあるのでこの路線はまだまだ生きているのです。

ジャンボはいろいろありますが、有名なのはジャンボ鶴田です。ジャイアント馬場の後継者として一目置かれていたものの、病気により一線を引かざるをえなかった、まことにもったいないプロレスラーです。強かったんですけどね。

他にも、ジャンボ尾崎、ジャンボ堀、ジャンボ宮本とプロゴルファーやらプロレスラーでジャンボな人が多いです。この時点でもう何がなんだか。

ジャンボ尾崎のWikipediaをみると、もともとは野球選手だったようです。往年、マスターズリーグの福岡ドンタクズに入団したそうです。だからどうした情報。

なんの話だったかというと、とにかく私が「ジャンボ」という言葉の響きが好きだという、それだけです。「ジャンボ」って聞くと、なんかちょっと嬉しくなりませんでしょうか?なりませんか?ケニアに行ったらみんなが「ジャンボ!」って挨拶するんですよ、すごいですね!

うちの母親が「もし別の人と結婚してたらケニアに行っていたかもしれない」と言っていたことを思い出しましたが、詳しくは聞けていません。謎です。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団