ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ソフトバンクの決算資料がさっぱりわからない

「無知の知」という言葉があります。「むちむち」ではありません、「むちのち」です。何かと言うと、こんな意味があります。

無知であるということを知っているという時点で、相手より優れていると考えること。また同時に真の知への探求は、まず自分が無知であることを知ることから始まるということ。哲学者ソクラテスの言葉、概念。

つまり、わからないことはエラい!ということです。

実は、ソフトバンクの「2018年3月期 第2四半期 決算説明会のプレゼンテーション資料」を読んでみたのですが、さっぱりわからなかったので私はエラい!と思うことにした次第です。

決算説明会の動画を見ればある程度はわかるのかもしれませんが、ものすごく時間がたっぷりなのです。1時間30分もわかるかどうかわからない動画を見る時間があるのなら、プリキュアの映画を観たいです。もしくはガルフォースのDVDをもう一度ゆったりと観たい。そして、何よりレアガルフォースが観たいんですがDVDは出てないのかね?しれっと調べただけではわかりませんでした。そして調べてみたところ、DVD単体売りでは出ていないようです。ムキー!

取り乱してしまいましたが、ソフトバンクの決算資料です。なんかすごいんですが、だから一体何?という感じです。先ほどのリンクはpdfファイルですが、なんとなくすげえ!とは思うものの、だから何?という感じが拭いきれません。

拭いきれないので、拭わずに、とりあえず別の話をしましょう。

人工知能がブームですが、やはり我々は天然知能も有効活用するべきだと思うのです。人工知能がAIならば、天然知能はNI、これは以前ぐわぐわ団で提唱しました。今、この記事を書いている時点でぐわぐわ団に投稿されている記事は4コマ漫画を含めて実に1635本。天然知能の記事は検索をしたら出てくるかもしれませんが、大したことは書いていないと思いますし、そもそも検索するのが面倒なのでそのまま突き進みます。たぶん、これからも同じことばっかり書くかもしれませんが、老化現象なので、そっとしておいてあげてもらえたらうれしいです。

同じ内容の記事を1時間ごとに更新しだしたら、ちょっとエラいことになっているんだな〜と思ってもらえたら幸いです。老化しまくりマンボかもしれません。

とりあえず、AIスピーカーではなく、NIスピーカー、天然知能によるスピーカーを作りましょう!脳みそとスピーカーを直接つないで「トローリー!」と叫んだら「オー!」と返事をするような天然知能スピーカー、ぜひ作りましょう。なんとなく終わります。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団