ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

かそうつうか

仮想通貨取引所コインチェックにおいて日本円換算額約580億円相当のNEMが不正アクセスにより流失した事件は、コインチェックが自己資金で補償するということになりました。

仮想通貨に関しては、いろんなサイトで説明されていますので、わざわざ与太話サイトであるぐわぐわ団で取り上げる必要はないと思いますが、火葬通貨の話であれば、ぐわぐわ団で取り上げてもバチは当たりますまい。

 

うちかび

うちかび

 

 

Amazonで売ってます、うちかび。

うちかびとは、あの世のお金です。沖縄では旧盆や清明で、うちかびを燃やしてご先祖様に送金します。燃やしちゃいますので、火葬通貨。

燃やす枚数に関しても、家々で決まりがあったりするようです。3枚だったり、7枚だったり、家によっていろいろで、きっちりしないといろいろうるさいようです。「ようです」ばっかりなのは、私が大阪に住んでいて、沖縄のしきたりとかほとんど知らないのと、とりあえずネットでしれしれっと調べただけの知識で知ったかしているだけなので、「ようです」ばっかりになるのです。

うちかびはコインチェックのような取引所に行かなくても、スーパーで売っています。売っているはずなんですが、よくよく考えたら、見たことがありません。かねひで、サンエー、ユニオン、りうぼう、観光もそこそこに地元スーパーに入り浸っていたにも関わらず、うちかびは見たことがないのです。時期が旧盆じゃないからかもしれません。

うちかびの製造|昭和製紙株式会社

こちらは、うちかびを製造している沖縄の製紙会社のホームページ。とりあえず、参考にしていただければと思います。

ビットコインや、NEMや、仮想通貨にはいろいろな種類がありますが、火葬通貨はうちかびであると覚えておけば大丈夫じゃないかなと思いますが、適当に言っているだけですので信憑性は皆無です。仮想通貨はいろいろ大変ですので、火葬通貨で我慢しましょう。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団