ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

「がんばらないぞ」と覚悟を決めた自由ネコさんには是非ともがんばっていただきたい

はてなブログの大御所、自由ネコさんが「「がんばらないぞ」と覚悟を決める。」という記事で、「がんばらないぞ」と覚悟を決めたそうです。これはものすごい決意表明だと思いますので、ぜひ「がんばらないぞ」と覚悟を決めたことをがんばってほしいと思います。

もっと言うと、「がんばらない」ことをがんばってほしいです。がんばらないことをがんばって、是非がんばらないでもらいたいです。がんばらないと仰る自由ネコさんに、がんばらないことをがんばれ!と応援することがよいことなのか悩ましいところではありますが、がんばらないことをがんばらければ、うっかりがんばってしまうかもしれません。そうなってしまうと「がんばらないぞ」と覚悟を決めたにもかかわらず、がんばってしまうことになるのです。そのためには、がんばってがんばらないでもらいたいと切に望むのです。

なんだかんだ言って、みんなそれぞれ、できる範囲で、持っているカードを駆使して、精一杯やってんだよ。生きてんだよ。

自由ネコさんのブログには、重みのある言葉がたくさんあります。ぐわぐわ団とはえらい違いなのですが、それはそれとして、この言葉のウラには、みんな持っているカードが違うということを説明されています。

昔、こち亀の両さんが「カール・ルイスと100m走で競争をすれば負けるが、演歌を歌わせれば俺が勝つ!」っぽいことを言っていたのを思い出します。みんなそれぞれ持っているものが違うのです。ただし、カール・ルイスも演歌歌手としてデビューすれば紅白歌合戦に出場できるかもしれません。最近、エンゼルスに行った大谷翔平が投打で大活躍していますが、演歌歌手としてデビューすれば紅白歌合戦に出場できるかもしれません。私だって演歌歌手としてデビューすれば紅白歌合戦に出場できるかもしれないのです。

みんなが演歌歌手としてデビューすればどうなるのか。そして、紅白歌合戦に出場できたとしたらどうなるのか。地球の人口が70億人として、70億人を収容できるNHKホールが必要となります。時間もおおみそかだけでは足りません。一人あたり3分としても、だいたい4万年近くかかる計算になります。がんばりましょう。合掌。

▼自由ネコさんの記事はこちら▼

gattolibero.hatenablog.com

 

 

© 2016 ぐわぐわ団