ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

消費増税の影響軽減対策

えらい難しいタイトルですが、実際に検討されているそうです。

こんな感じ。

具体的には税率引き上げの際に税込みの価格を一斉に引き上げるのではなく、税込みの価格を時間をかけて上げられるように消費税の価格転嫁に関する法律の改正を視野に対策を検討します。

一気にどかーんと消費税を上げずに、じわじわと真綿で首を絞めるかのようにゆっくりと消費税を上げていく、といったところでしょうか。実はさっぱり意味がわからないんですけど、頭のよい人は「これは素晴らしい!」と思っていることでしょう。

来年の10月から消費税を引き上げます。近所のスーパーはさっそく消費税率10%になりました。一方、隣町のショッピングモールはまだ8%のままです。 こうなると、近所のスーパーには人が来なくなり、ショッピングモールに人が集まることになります。消費税を払わなくてもよいなら、よほど酔狂な理由でもない限り、払わなくてもよいところに行くに決まっています。

影響が減るどころか、大混乱です。

ぐわぐわ団は左でもなければ、右でもなく、与党でもなければ、野党でもありません。良いものは良い、悪いものは悪い、お前のものはオレのもの、オレのものはオレのもの、すべて是々非々で物事を考えます。消費増税の影響軽減対策に関しても、是々非々で考えていきたいと思います。

全く話は変わりますが、是々非々という言葉は「膳所ヒヒ」、つまり滋賀県の膳所に生息するヒヒみたいに聞こえます。膳所にヒヒがいるのかどうかは存じ上げませんが、もし膳所にヒヒがいるのであれば、それもまた是々非々で対策を考えたいと思いますが、膳所にヒヒがいたとしても、それはそれとして話が変わりすぎです。

というわけで、消費増税の影響軽減対策なのですが、消費税8%から10%に引き上げることにより影響が出る以上、対策としては、消費税を廃止、すなわち消費税ゼロ%にしてしまえばよいのです。そうすれば、価格転嫁がどうのこうのする必要もなくなりますし、ほとんどの会社の経理担当者が「ぐわー!」と叫んではばからない、消費税の課税、非課税の区分なんかも不要になりますし、外国人旅行者の免税手続きに関しても手間がなくなります。

消費税を廃止なんてしたら財源はどうするんだ!とお叱りの声もあろうかと思いますが、私のポケットマネーで何とかしてあげますから、つべこべ言わないでください。つべこべ。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団