ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ボンレスハム その3

昨日投稿したボンレスハムの記事ですが、ボンレス界隈の方々から「あんなのは嘘っぱちだ!」と最も強い言葉で遺憾の意を表されました。誠に申し訳ありませんでした。

というわけで、本当のボンレスハムの作り方をご紹介したいと思います。引き続き、ExcelのVBAのコードを書いたり、オセロニアのガチャを引いたり、Vtuberの配信のはしごで多忙を極めていることから、朝っぱらのバタバタした時間を割いて文章を書いておりますので、誤字脱字、毀誉褒貶、悲憤慷慨、鯨飲馬食等至らぬ点も多々あるかと思いますが、何卒ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

さて、ボンレスハムですが、まずは野生のポークビッツを捕まえてくることから始まります。うなぎと同じで、ポークビッツはまだ養殖することができていません。生態が謎に包まれているポークビッツ、研究が進むことが望まれます。

さて、捕まえてきたポークビッツを育てなくてはなりません。養豚場ならぬ養ポークビッツ場でウインナーになるまで愛情を込めて育てます。ウインナーまで育つと、今度はソーセージになるまで太らせます。そして、フォアグラを作るようにソーセージに餌を流し込んでぶくぶくに太らせます。どんどんソーセージは太りますので、途中から太りすぎないように紐で縛ります。

縛る時がとても難しく、少しでも隙を見せると逃げ出しますので、逃げ出さないように気を張りつつ、ぎうぎうと亀甲縛りにするのです。ボンレスハムの縛り師の本領発揮といえます。とはいえ、たまに逃げ出すボンレスハムもいて、野生化したボンレスハムが人里に出没し人を襲う事件も発生しています。ボンレスハムの餌となる木の実ナナが不作となっていることが原因です。

このように、ボンレスハムはたくさんの人の頑張りによってできています。ぐわぐわ団も頑張っています。みなさんは感謝して味わって食べましょう。合掌。

ボンレスハム その2

ボンレスハムはどうしてボンレスハムと言うのかご存知でしょうか。ボンレスハムというのはボーン(骨)レス(なし)ハム、つまり骨なしハムということなのです。逆に、ボンレさないハムというハムもあります。このボンレさないハムは小骨が気になって食べにくかったりします。

ボンレさないハムを食べて小骨がのどに刺さってしまって、ごはんを丸飲みしてどうにかこうにかして小骨を取ろうとする人がいますが、実はごはんを丸飲みするのはよくありません。余計に奥まで骨が刺さってしまい、病院に行っても取るのが難しくなったりします。かといって放置するのもいけません。痛くないのであれば翌日に耳鼻科へ、痛いのであれば救急外来を受け付けてくれる病院を探しましょう。

では、ボンレスハムはどうやって作るのでしょう。実はボンレさないハムの小骨をちくちくと毛抜きみたいな道具でひとつずつ抜いていくのです。人件費の安いベトナムやタイ、最近はラオスなんかの工場でボンレさないハムの小骨を取っているのです。ボンレさないハムの小骨は入り方が複雑なため、ロボットによる自動化はまだまだできないのが実情です。結局は人海戦術でどうにかするしかないのです。

小骨を取られたボンレさないハムはボンレスハムになるわけですが、少しでも目を離すと逃げ出そうとするので、紐でぐるぐる巻にして逃げないようにします。この作業もまた大変で、暴れるボンレスハムをキュッキュッと手際よく縛らなければいけません。桃栗三年柿八年ボンレスハム縛りは八十年と言われていますが、暴れるボンレスハムを縛るのは本当に至難の業で、下手に素人が手を出すとケガをしてしまいます。

そんなこんなで、ボンレスハムを作るのはとても大変だということがおわかりいただけたでしょうか。若い人はボンレスハムしか知らないかもしれません。一昔前まではボンレさないハムを小骨を気にしつつ食べていた時代もあったのです。ボンレスハムを食べるときは感謝して食べましょう。合掌。

ボンレスハム その1

昨日は記事の在庫がないにも関わらず、ExcelのVBAのコード書きでめちょんこ疲れてべちょんと寝てしまったので、とりあえず朝のクソ忙しい時間に殴り書きで記事をしたためようと頑張っています。そのため、誤字脱字、罵詈雑言、毀誉褒貶等様々な不手際が考えられます。誠に申し訳ありません。その代わり、コンプライアンスは適度に遵守すること、研究施設で割烹着を着用しないこと、ゴーストライターによる作曲は控えること、ダブルブッキングはしないことを頑張りたいと思います。ご期待ください。

 

というわけでボンレスハムの話題です。お歳暮にボンレスハムをもらうとめちょんこ心踊るのはなぜでしょうか。亀甲縛りでぎうぎうに縛られたボンレスハムを目の前にすると、なんとなくキュンとするのです。紐を切っても跡が残っているのをみると、これまたキュンキュンするのです。実に素晴らしいことです。紐で縛られていることに性癖がくすぐられるからでしょうか。

しかし、お歳暮にボンレスハムをいただくのはめちょんこ嬉しい一方で、クリスマスプレゼントとしてボンレスハムをいただくともんにょりするのはなぜでしょう。神戸のルミナリエみたいなところでいい雰囲気の男女がねっちょりとしていて、「これ、クリスマスプレゼント。キミに合うと思って」と言って差し出したのがボンレスハムだったら、いくら紐で縛られている高級品で性癖をくすぐられるとしても、もんにょり大爆発でしょう。

子どもの誕生日でも同様です。「Switch本体が欲しい!」とワクテカしていた子どもが、親からボンレスハムをもらったとしたら、いくら性癖をくすぐられるとしてももんにょりでしょう。スイカゲームをするどころか、紐を切りながら「へっへっへ……」とゲスな笑いを浮かべることしかできません。これでは子どもの情操教育によくないかもしれません。

逆に、お歳暮にSwitch本体をもらうのも、なんとなくもんにょりします。なぜかはわかりません。誰か理由を教えてください。合掌。