ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

東京都知事選2024

今日は東京都知事選です。

今回は56人も立候補するというトンデモな状況ですが、こうなってくると色々と考えなくてはなりません。何を考えるのか、それは小選挙区制度から中選挙区制度に戻すという話です。

今回の東京都知事選の場合、56人も立候補しているにも関わらず、当選するのはたったの一人です。「2位じゃダメなんですか?」という名言を残した方も今回立候補されていますが、おそらく「2位じゃダメなんです!」と言いながら号泣する様子が想像できてしまって実にツラい。そしてエジプトのカイロ大学を首席で卒業した女帝がなんやかんやで再選するような気がしております。結果はまだこの文章を書いている時点ではわかりませんが、何となくそんな感じがしないでもありません。

そんなこんなですので、東京都知事は今日の午後8時になった瞬間に当選確実がポンと出て、はにゃ?って感じで終わってしまうのでしょう。そして、当選した人以外に投票した人の票は無駄になってしまいます。これを死票と言うのですが。死票の数が多ければ多いほど民意を汲み取っていないと言われています。小選挙区制度の場合、どうしても死票が増えてしまうのです。

ですので、そろそろ小選挙区制度を改め、中選挙区制度に戻すべきではないかと思うのです。別に東京都知事が一人である必要はありません。二人でも三人でもよいではないですか。そして、複数人の当選者を出す中選挙区制度を導入することで都民の死票を減らすことができるのです。実に素晴らしいことだと思いませんでしょうか。より多くの都民の民意を汲み取ることができるのです。汲み取り式と言い換えてもよいでしょう。そうすれば、よりよい都政が生まれるはずです。

どうしても東京都知事は一人でないといけないとおっしゃるのであれば、まずは3人当選させて、女神転生の悪魔合体みたいに合体させたらどうでしょうか。「へず小池蓮石丸百合舫伸二子まりゅう」みたいなのをこしらえたらよいのです。あ、へずまりゅう氏は今回は都知事選には立候補していませんでした。失礼致しました。大阪都民なので関係ないから好き勝手書いた。堪忍やで。合掌。

イギリスの情勢から目を離してはいけません

イギリスの総選挙で労働党が6割を超える議席を獲得して、現政権である保守党から政権を取り返しました。労働党のスターマー投手が新首相になって、新しい内閣が発足しました。私にも内閣参加の打診がありましたが丁重にお断りさせて頂きました。なんだかんだでぐわぐわ団の漫画を書いたり、記事を書いたりで多忙なのです。イギリスに通うのも大変です。大阪市営地下鉄の御堂筋線がロンドンまで延伸してくれたら考えます。

そして、スターマー投手に祝電と、前首相であるスナクくんに弔電を撃っておきました。バキューン。スターマー投手からはお礼のブッチホンが来て、流暢なフランス語で「メルシー、グゥワグゥワダン」とのお言葉をいただいたので「がっつり気張りや!」とエールを送っておきました。

それはそうと、イギリスというのは何やかんやで世界情勢を俯瞰的に見る際に重要なポイントです。界隈では「ブリカス」という言葉もあるようにろくでもないことをよくしでかします。今のイスラエルとパレスチナのいざこざも元はと言えばブリカスの三枚舌外交が原因です。ウクライナを裏でこっそり支えて、ロシアの国力をじわじわと削らせているのもブリカスです。ロンドンのシティは今でも金融の中心ですし、ルールを作っているのもイギリスです。なんやかんやで、ジェームズ・ボンドみたいなのが世界で暗躍していると言っても過言ではないでしょう。

ただ、イギリス国内も問題が山積でして、経済ではインフレが加速しています。うっかりイギリスなんかに遊びに行ったら物価がアホみたいに高くて、日本から持っていったお金はあっという間に溶けます。マクドナルドのビッグマックは4.99ポンド、今は1ポンド200円を超えていますので、ビッグマックは日本円で約1,000円になります。日本ではだいたい500円なのでほぼ倍の値段になります。恐ろしいことです。

そして、マクドナルド以外の食べ物はあんまり美味しくないので、イギリスに言っても結局マクドナルドに行くことになり、イギリスに行っても日本の倍の値段のマクドナルドに通うことになるので大変です。スマーター投手にはぜひ、マクドナルドの値段を日本並みに下げて頂きたい。頑張りましょう。合掌。

新しいお札が出たよ

まだ現物は見ていませんが、新しいお札が出たのです。一万円札は宇野宗介、五千円札は小保方晴子、そして千円札は佐村河内守となっております。残念ながら今回野々村竜太郎は選外となってしまいましたが、今は『ココナラ』というサービスを通して1万円で人生相談を請け負うようになったそうです。頑張られているようで何よりです。私は相談することもないので頼む予定はありません。

*画像は内容と全く関係ないことはないです。

それはそうと、せっかく馴染みのある福留孝介の一万円札をなぜ新しい一万円札にするのかというと、表に出せない裏金をひっぺがすためです。悪いことしてせっせこ貯めたお金ってのは家の屋根裏や畳の下なんかに隠されているのですが、新しいお札になったら使いにくくなります。仕方がないので、銀行なんかに交換してちょと持っていくと、税務署が後からやってくるのです。「聖徳太子のお札をたくさん持ってきた人がいましたぜ」「なに?それは実に怪しいのぅ……」といったやり取りが繰り広げられるわけです。こうして、悪いことしてせっせこ貯めたお金が世の中に出てくるわけです。

それはそうと、100年後や200年後には誰がお札の肖像画になっているのでしょう。ものすごく気になりませんか。大谷翔平やハンカチ王子なんかが肖像画になっているかもしれませんし、「やめなしゃい!」で有名な横山弁護士が500円札の肖像画になっている可能性もゼロではありません。ダブルブッキングで有名になった狂言師である和泉元彌が千円札を飾る可能性も否定できません。

もちろん、ごみちゃんが一万円の肖像画になる可能性だって十分あるのです。残念ですが今から100年後や200年後なんて確認のしようがないので、好き勝手言えます。

というわけですので、みなさんお札の肖像画になれるように頑張って頂ければと思います。実際は生きている人を肖像画にしちゃうといろいろ不都合もあるので死人しか肖像にできないらしいのですが詳しいことは知りませんのでわかりません。合掌