ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ブログの起源

ブログの起源は古代中国「武呂愚」である。

書いたそばからバカバカしくて投げ出したくなっているのですが、もう少しだけ書くと、唐の時代にこのような武呂愚が残っているのです。

在長安敢不消耗乎

長安ニアリテ敢ヘテ消耗セザランヤ。

(長安にいてどうして消耗しないのか、いや消耗する。)

やっぱりバカバカしいので、投げ出して平田淳嗣のことを書くことにします。ストロング・マシン、もしくはスーパー・ストロング・マシンとして有名なプロレスラーです。

藤波辰巳に「お前、平田だろ!?」と正体をバラされたり、プロレスラーとしては初めて「こんなしょっぱい試合ですいません!」と観客に謝罪したり、いろいろと逸話には事欠きません。

とはいえ、蝶野正洋と強引にタッグを組んで、1994年のSGタッグリーグ戦優勝決定戦でマスクを脱いで武藤と馳にボコボコにされて負けたうえでの「こんなしょっぱい試合ですいません!」という言葉の重みを考えると、そう簡単には茶化すことはできないのです。すごいんだから、平田淳嗣は。

オリジナル・ホールドである「魔神風車固め」を持っていたのも強みでした。一流のレスラーはこの技!というのを必ず持っているのです。長州力ならリキ・ラリアットにサソリ固め、藤波辰巳ならドラゴン・スープレックス・ホールド、馳浩ならノーザンライト・スープレックス・ホールド。プロレスラーとして生きるためには、必ずといっていいほど、自分自身を代表する技が必要なのです。

ジャイアント馬場は?と一瞬考えたのですが、馬場さんには16文キックがありました。晩年になると、ロープにもたれかかったまま片足をあげるだけで、対戦相手が足に向かって突っ込んできて、勝手に当たって16文キックが完成してしまうというすごいことになっていましたが、アレはアレでみんなが納得をしていましたから問題はないのです。

ブログの起源を書こうとして、気がついたら平田淳嗣のことを書いているし、馬場さんの16文キックについて書いている。ブログとはこうありたいものです。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団