ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ケーニヒスクローネのめろめろメロン

ネットの世界もだいぶややこしくなってきてしまって、ウソをつく場合はあらかじめ「これはウソですよ!」ときちんと言っておかないと、本気にしてしまった人が大騒ぎして炎上するみたいなことが起きてしまうのです。

我が「ぐわぐわ団」はリアルとフェイクの間をうろうろしているようなところがあって、読者の方にかなりのネットリテラシーを要求しています。ぐわぐわ団に書いてあることが本当のことなのか、それともウソなのか、さっぱりわからないという方には取り扱いが難しいかもしれませんが、こればっかりは慣れと経験です。ネットリテラシーなんてのは一朝一夕に得られるものではありません。時間をかけて、ゆっくりと体得していくしかないのです。

ただし、ネットリテラシーとは何なのか、書いている本人がいまいちよくわかっていません。日本語で説明しなさいと言われたら、言葉に詰まります。調べたらよいのでしょうが面倒ですので、とりあえず大正デモクラシーみたいなものだとお考えください。

それはそうと、ケーニヒスクローネのめろめろメロンです。ものすごくインパクトのあるお姿です。メロンが半分に切ってあって、その中にはメロンが入っています。1日限定20個なんだとか。でも、夕方でも買えました。運が良かったのでしょう。

ケーニヒスクローネはケーキ屋さんですから、このめろめろメロンには何かしらの仕掛けが隠されているはずなのです。まさか、メロンを半分に切っただけというわけにもいかないはずなのです。この中身が気になって、気になって、気がついたら買ってしまったというわけです。

というわけで、半分に切ってみたのがこちら。

お肉がたっぷりです。とても美味しかったです。店員さんに「鉄板があついのでお気をつけください」と言われたのですが、果たしてそれが「鉄板が熱いのでお気をつけください」なのか、「鉄板が厚いのでお気をつけください」なのか、難しい問題なのです。鉄板が厚いと頭にぶち当たった時に死にますので、気をつけて!と言われるのもわからなくもないのです。

めろめろメロンは美味しかったです。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団