ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ミリバール

いつのまにかヘクトパスカルに取って代わられたミリバールのお話。

昔はヘクトパスカルじゃなくて、ミリバールでしたよね?

占い師みたいな格好をした老婆が火を焚いて、ジュリアナ扇子みたいなのを持ってばっさばっさしながら、祈祷を始めるわけです。「きええー!」とか叫んだ後に、亀の甲羅を持ってきて、火の中に焚べるわけです。そしたら、亀の甲羅がパキッと割れます。その割れ方を見て、「明日は990ミリバールじゃあ!」後ろの観衆が「990ミリバール!」「それはえらいこっちゃ!」「うわあああああ!!!!!!」とか大騒ぎになる。天気予報ってこんな感じでしたよね?

「ババ様、ミリバールはわかりましたが、明日は晴れでしょうか?それとも雨でしょうか?」

若い衆が空気も読まずにババ様に問いかけるのです。

「腐海に手を出してはならぬ。」

「ふ……腐海に……!」

若い衆がボケた発言に対して不快な気持ちになるのです。天気予報ってこんな感じだったはずなのですが、知らないうちにものすごく進歩していて、今やミリバールからヘクトパスカルになっているんですよ、ご存知でしたか?

ミリバールからヘクトパスカルになってからというもの、ゲリラ豪雨、超大型台風、竜巻、春巻、ありとあらゆる自然災害が日本に襲いかかっています。ミリバールが闊歩していたときはおだやかなものでした。全く災害がなかったわけではありませんが、伊勢湾台風とジェーン台風ぐらいでした。ミリバール様が日本を守ってくれていたのです。

でも、私たちはそんなミリバール様のご加護を忘れて、ヘクトパスカルに鞍替えしてしまったものですから、さあ大変。昨今の異常気象はすべてヘクトパスカルの仕業であり、ミリバール様の呪いとも言えます。ヘクトパスカル派である気象庁の暗躍により、ミリバール様を追い出してしまった今、日本は最大の危機に瀕しています。

ただ、今更ミリバール様に再度降臨してもらおうなどと虫の良い話をするつもりはありません。ヘクトパスカルにしてしまったのは私たち全員の責任でもあるのです。ヘクトパスカルにしてしまったという罪を、ミリバール様に赦されるまで、背負い続けなければならないのです。その覚悟があなたにはありますか?

もはや、自分でも何を書いているのかさっぱりわからないのですが、ナウなヤングに向けて1つだけ言わせてください。昔はミリバールだったのです。それは忘れないでいてください。宜しくお願い申し上げます。合掌。

ZenBrush2からProcreateへデータを飛ばしてお絵描き!

前からちょいちょい書いていますが、ぐわぐわ団の絵の78%はZenBrush2という筆を再現したアプリで描いています。

こんな感じですね。

でも、このアプリは筆で書くことに特化しているため、写真と合成とか、色を塗るとか、そういうことはできません。

というわけで、色を塗ったりしたい場合はProcreateという別のアプリを使っています。使いこなせたら他のお絵描きソフトは不要!というぐらいにすごいアプリなんだそうです。私の場合は他のソフトは全然使いこなせていないのでよくわかりません。

とりあえず、ファイル→他のアプリで開くを選択。

PNG(透明な背景)を選んで……

Procreateに追加しましょう。「Procreateに追加」そのものがない場合、「その他」を選んで「Procreateに追加」を選べるように操作してください。もちろん、iPadにProcreateが入っていないと何も始まりません。

すると、背景が透明になったPNG画像がProcreateに飛びますので、色ぬりをしたり、写真を挿入したり、いろんなことができるようになります。

こないだ使ったこの画像も同じ方法で描きました。Procreate側でいろんな修正を行った結果、ミニトマトで三男の大切な部分を隠すことができました。もはや、なんのためにこんなことをしているのか……という疑問は常につきまといますが、できるのとできないのとでは、できるに越したことはありません。

ぐわぐわ団では、できる限りフリー素材を使わずに、自分で描いた絵、自分で撮った写真を使うようにしています。なぜかというと、なぜでしょう……前からそうなんです。いまいちフリー素材を積極的に使うのはためらわれると言うか、そんなに手間じゃないなら自分で描いたほうがいいかな〜ぐらいのノリで、フリー素材を使うなとかそんな過激なことを言うつもりもありません。ただ、お絵描きするのは好きですから、せっかくだし描こう!ぐらいなのです。

iPadにZenBrush2とProcreateのふたつのアプリがあれば、ぐわぐわ団っぽいアイキャッチ画像は簡単に作ることができます。ぜひ、作ってみてください。その行為が何の役に立つのかはさっぱりわかりませんし、さっぱりわからないは言い過ぎでも、なんとなくじんわりわかるような、わからないような、そんな生暖かい感じになります。素晴らしいことです。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団