ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

主は来ませり

恐縮なのですが、最初から話をするとめっちょこややこしいうえに、どうにもこうにも収集がつかなくなるので、ざっくり端折って説明をさせていただくと、相方が「♪主は来ませり〜」と、サビの部分だけを、ちっともありがたみを感じない歌いっぷりで歌いながら現れたのです。

別に私どもはキリスチャンでもなければ、どちらかというとブッディストというか、エクソシストというか、宗教に関しては寛容な考えを持っています。クリスマスを楽しんだと思えば、初詣に神社に行ったりします。宗教ちゃんぽんみたいなところがあるのですが、いわば日本人の多数派に属します。

こういう話をするともっとややこしくなるのですが、トイレにも神様がいるといった歌で紅白に出たりする人がいるぐらい、日本は何でもありなのです。貧乏の神様なんてのもいます。七福神なんて存在は一神教の宗教では考えられないと思います。全員ちゃんと言えますでしょうか。せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、以上しっかりと暗記しておきましょう。

話が前に進みませんが、進んだところで大女優しゅわきませりの話をするだけですので、大したことではありません。

どのような漢字を当てたらよいのかわからないのでひらがなで書きますが「♪主は来ませり」と聞いて、何となく大女優っぽいなと思ったのです。それが大女優しゅわきませりです。

「は?」と思われた方、その反応が普通の反応です。間違っていません。

間違っていませんが、だからどうしたということばっかり書いているのがこのぐわぐわ団です。大女優しゅわきませりは苗字がしゅわきで、名前がませりです。どちらかと言うと舞台がメインで、映画やテレビに出るのは稀です。

そんな大女優しゅわきませりなのですが、舞台がメインで活動しているぐらいしか思い浮かびませんでした。なんとなくすごい人っぽいなぁと思ったのですが、まぁその程度です。

しゅわきませりが、ちあきなおみに語感が似ているなぁとも思ったのですが、ちあきなおみは歌手です。全然違います。

よくわからないでしょう。軽率にブログを書くとこんな感じにしかなりませんが、よしとしましょう。合掌。

右の上にも三年

石の上ではありません。

右の上にも三年です。

失礼しました。

なぜ、突然"右の上にも三年"とか言い出したかと言うと、ももはなさん(id:however-down)のブログの記事「アンタ誤解してる!!『石の上にも三年』の意味 - 死体を愛する小娘社長の日記」を読んで、"石の上にも三年"の意味を誤解していたと思ったからです。

会社に入ったなら 三年以内にその会社や仕事内容や人間関係が自分に向いているかを判断して 合うのなら生業として 合わないのなら三年以内にさっさと辞めなさい

ざっくりと言うと、このような意味なんだとか。何をするにも三年は辛抱しなさいという意味ではないのです。当然といえば当然で、そばアレルギーを持っているのに「手打ちそば職人になりなさい。三年間は頑張るのですよ。」と言われて「はい、わかりました。」と言えるわけがないのです。そばアレルギーはマジでヤバいですから、三年どころか、三秒でもダメです。

いつも、例えが極端なのです。極端にしたほうがわかりやすいことが多いからです。だから、極端な例を多用するのですが、たまに極端にしたがゆえにさっぱりわけがわからなくなることもあります。

歩いて日本地図を作った伊能忠敬に「石の上にも三年ですよ」と言って、伊能忠敬を三年間石の上に置いておいたら今の日本の地図はなかったかもしれないのですが、これはちょっと極端な例すぎて、みなさんピンとこないかもしれません。

そして、三年って短いようで、めっためたに長いですからね。

『藤山寛美3600秒』というテレビ番組をご存知でしょうか。1975年10月7日から1976年7月6日、および1977年4月8日から同年9月30日までテレビ朝日系列局で放送されていた朝日放送製作の舞台中継番組なのですが、3600秒ってものすごく長いようで、時間にしたら1時間なのです。とはいえ、実際の放映時間は3600秒ではなく、3300秒、もしくは3240秒だったのですが、そんなことはどうでもいいのです。CMもあったので、本当はもっと短かかったのです。

さっぱりわけがわからなくなりましたが、みなさんの貴重な時間も積み重ねれば3年になります。ぐわぐわ団を読んでたら3年みたいな、どうしようもないことにならないことを祈りたいと思います。

それより、ももはなさんのブログが不思議なのです。

小娘の葬儀社社長の私が書きたい事だけ書く日記

ということなのですが、とにかく不思議で楽しませてもらっています。何が不思議かはあえて書きませんが、いろいろと不思議なのです。

こう書いていて、ようやく不思議というよりもしっくりくる「ミステリアス」という言葉を思い出しました。ぐわぐわ団には出せないミステリアスさですよ。合掌。

▼ご紹介させていただいたももはなさんのブログはこちらです▼

however-down.hatenablog.com

前々からやってみたかったことを実践してみました

何かと言うと単純にコレです。

スタバでMacBook Airを使っています。特に何かしないといけないというわけでもありませんが、テザリング契約をしてしまった以上、使わないともったいないおばけが出るのです。それ以上でも、それ以下でもありません。

確かに便利ですけどね、MacBook Airを持ち運べると。

ただ、与太話を書くだけのためにわざわざスタバに来る必要があるかというと、それもまた微妙なところがあります。

ありまぁす。

昨日は栃ノ心が正代に負けてしまい、大相撲が俄然面白くなって参りました。栃ノ心の強さは体つきを見ればわかりますが、ものすごくものすごいです。千代の富士っぽさをどこかに感じるのですが、大相撲をご覧の皆さまはいかがお考えでしょうか。

ただし、スタバで、わざわざテザリングを使って、MacBook Airを使って書くようなことでもないなと思います。ぐわぐわ団が大相撲特化ブログであれば良かったのですが、残念ながらぐわぐわ団は大相撲に特化しているわけではありません。どちらかというと、唐突に大相撲の話題を持ち出した感も否めず、本当に資源の無駄遣いをしているとしか思えません。

スタバでMacBook Airを使って何かをしている人ってやたらと多いですが、本当に何をされているのでしょう。私のように与太話を書いているなんて人はごくわずかで、実際はめっちょこすごいことをしているんだろうなと勝手に思い込んでいます。

それはそうと、やたらと冷房が直撃するところにいるので、めっちょこ寒いです。行ったことはありませんが、新潟県にでもいるんじゃないかという感じです。

わけのわからないことを書いているついでに、新潟県といえばかつて祖母が新潟県に住んでいて「広島に落ちた原爆は新潟に落とされる可能性があったが、天気が悪かったので、原爆を積んだB29が引き返して広島に飛んで行った。私はそのB29を見た。」と語っていたのを思い出しました。Wikipediaで調べてみたところ、8月6日にB29が新潟に向かって飛んだという記載はどこにもありませんでした。私の祖母は一体何を見たのでしょう。

そして、私の祖父は広島に行く途中でキノコ雲を見たと言っていました。ギリギリのタイミングで被害にあわなかったと言っていたのですが、これまた本当の話なのかどうかはっきりしません。

二人とも亡くなってしまったので、今となっては、きっちり話を聞いておけばよかったなと思います。

これまた、スタバで書くような話ではありません。とにかく寒い。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団