ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ビフォーアフター

なんということでしょう。

おばあちゃんの部屋が素敵なログハウス風に!

なんということでしょう。

中学生のモン太くんのベッドの下に本を入れる収納スペースが!

なんということでしょう。

扉の開けるとそこにはお母さんの秘密の花園が!

なんということでしょう。

……突然、相方がビフォーアフターっぽいことを口にしたので、書き留めてみました。ただし、中学生のモン太くんのベッドの下に本を入れる収納スペースが!というのは、私が勝手に思いついて書き足しました。ベッドの下に本を隠すなんてのは中学生男子にとっては常套手段中の常套手段であり、お母さんが知らないはずのない公然の秘密なのですが、最近はスマホが隠すべき本の代わりとなってしまっており、情緒がなくなってしまったと言わざるを得ません。

かといって、清く正しく美しいものだけを見せようとスマホにフィルタリングをかけるのは私は反対です。フィルタリングなんてかけたらぐわぐわ団が読めなくなります。たぶん、読めなくなると思います。フィルタリング業者にとって、目の敵みたいなもんじゃないですか、ぐわぐわ団は。子どもの成長にとって、何ひとつ良いことはないのです。ただ、良くないものほど、ついつい読んでしまいたくなるというのも事実です。ぐわぐわ団が清く正しく美しかったら、これほどまでにみなさんの支持を得られていたのかどうか疑問です。

決して見てはいけませんよと言われて、「じゃあ見ません!」と言ってのけて、実際に見ない人はどれほどいるでしょうか。ほとんどの人が「じゃあ見ません!」と言ったそばから見たくて見たくて仕方がないのです。それほど、否定というものは人を惹きつける力を持っているのです。

ですから、エロ本は隠さねばなりませんし、お母さんはエロ本を見つけたら机の上にそっと置いておかねばなりませんし、お父さんは「ちょっと借ります」と置き手紙を残して、ひとり書斎に行かねばならぬのです。中学生のモン太くんの趣味が熟女ものであったなら、両親のダメージもひとしおでしょう。素晴らしい世界。合掌。

ブログの起源2

ブログの起源は古代中国「武呂愚」である。

書いたそばからバカバカしくて投げ出したくなっているのですが、もう少しだけ書くと、唐の時代にこのような武呂愚が残っているのです。

在長安敢不消耗乎

長安ニアリテ敢ヘテ消耗セザランヤ。

(長安にいてどうして消耗しないのか、いや消耗する。)

やっぱりバカバカしいので、投げ出して平田淳嗣のことを書いたのに、登校時間……いや、投稿時間を間違えるというすっとこどっこいをしてしまい、新たな記事を用意するのも大変なので、このバカバカしい記事を一部追記してお茶をにごすことにしました。

だいたい、登校時間……いや、投稿時間を間違えて、深夜0時に平田淳嗣について熱く語るようなブログがこの世に存在すること自体が悩ましい問題だと思うのです。インターネットという貴重な資源を平田淳嗣によって消費してしまってもよいのかというと、昔であれば許されることではなかったのかもしれません。テレホーダイの時間になると、みんながアクセスポイントに群がり、なかなかインターネットにつながらなかった時代もあったのです。

よく「昔はよかった」と言う人がいますが、そんな人は本当にテレホーダイの時代に戻りたいというのでしょうか。HTML直打ちの個人のほめぱげ*1が乱立していた時代に戻りたいのでしょうか。Googleなんて使っている人はほとんどおらず、ポータルサイトのキング・Yahoo!に登録を申請しようにもYahoo!様はなかなか登録申請に応じてくれず、掲示板から相互リンクを依頼して、地道にネットワークを築いていくような時代に、本当に戻りたいのでしょうか。

あの時代はあの時代でよかったのかもしれません。個人ほめぱげの時代というのは、平田淳嗣の脂が乗り切っている時代ですから。

ブログの起源を書こうとして、気がついたら平田淳嗣のことを書いているし、個人のほめぱげについて書いている。ブログとはこうありたいものです。合掌。

*1:ホームページのこと。当時はやたらと◯◯のほめぱげと表記するサイトがあったのです。

© 2016 ぐわぐわ団