ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

つながらない権利

こないだNHKのニュース番組の中で「つながらない権利」について取り上げていました。何のことかというと、仕事が終わってからも電話はじゃんじゃかかかってくるし、メールはびしびし飛んでくるし、テレワークだと言って家にいるときもテレビ会議に参加させられるなど、一日中気が休まることがないうえに、電話に出なかったり、メールに返事しなかったり、テレビ会議に参加しなかったりすると人事評価に響くというおまけ付きで、大変な会社があるんだとか。そこから出てきたのが「つながらない権利」。

勤務時間以外、連絡をとらない。電話はもちろん、メールもしない。そうしないと四六時中仕事をしていることと一緒だから「つながらない権利」という発想が出てきたのです。ていうか、本来はつながらなくて当たり前なんですけどね。

昔話ばかりすると若い人から嫌がられますが、昔は固定電話しかなかったんです。電話をかけて不在だと、もうそれ以上打つ手がない。「担当者は外出しております。」でおしまい。電話をかけた側も「じゃあ仕方がないな、帰られたらお電話頂けますか。」と伝える。担当者が帰ってくる。電話をかける。今度は向こうが不在。どうにもならんうちに用件がどっかに行ってしまったりするわけです。でも、それでよかったのです。

それが、ポケベルという悪魔の機械が出てきてから一変しました。ポケベルは一方通行ですが、とにかくどこにいてもつながることができるようになったのです。上司から突然「114106」とか数字のメッセージが飛んできて「ぎゃあ!」と叫んだり。

今やスマホがあるので、自制心がなければ、際限なくつながることができます。「つながらない権利」をしっかりと主張していかねばなりません。

それはそうと、私の父親は仕事をしていたときから退職して今に至るまで、ポケベルはおろか、携帯電話、スマホ、一切持たずに生きています。車はおろか、原付の運転免許も持っていません。実家の固定電話が唯一の通信手段なのですが、電話をかけたところですぐに「お母さんに代わるね」と言われます。つながらない権利を必要以上に行使しまくっています。合掌。

航空事故調査官

気になるお仕事があります。

ごくごくたまに空港で飛行機同士のニアミスがあったりすると、「重大インシデントが発生した」とか仰々しいことを言って、航空事故調査官が派遣されます。その航空事故調査官が気になって仕方がないのです。

そんなに毎日毎日、重大インシデントが起きているとは思えません。重大インシデントの回数ぐらい調べたらすぐわかることだと思うのですが、なんでもかんでも調べるより、自分で想像するほうが楽しいのです。たぶん1年に数回あるかないかですよ。

そして、年に数回あるかないかの重大インシデントが発生すると航空事故調査官が派遣されるのは先ほどお伝えしたとおりですが、重大インシデントが発生していないときはいったい何をされているんだろうか?ということ。

ドモホルンリンクルの「何もしないお仕事があります」というCMを見て本気でうらやましいと思ったことがあるのですが、あれはあれで一滴ずつ落ちていくドモホルンリンクルを見続けなくてはいけないので大変だと思って再春館製薬への就職はやんぴにしたわけですが、航空事故調査官の場合は重大インシデントがなければお仕事がありません。でも、お仕事がなければ生活ができません。普段は別のお仕事をしていたらどうなるでしょうか。その仕事がめちょんこ忙しいときに重大インシデントが発生したとしても「いやぁ、今は受注がたくさんで動けないですよ。航空事故調査はお受けできませんなぁ。」となってしまいますが、そういうわけにはいかないはずです。

となると、どこかで常駐で専任の航空事故調査官を雇っておく必要があるはずです。しかし、普段は仕事がない。ね、気になるでしょう。いつもは何をしているのか。お勉強をしているのかもしれませんが、お勉強をしないといけない人が航空事故調査官になっているというのも問題です。いざというときに「いや、ここはまだ勉強していませんでした。」というわけにもいかないのですから。お勉強なんかしなくても大丈夫な人でなければ調査官にはなれないはずです。

私の勝手な想像ですが、たぶん、植田まさしの「フリテンくん」でも読んでいるのだと思います。合掌。

『ジョーカー』を観てきました

うさばら氏さんのブログ「この鬱がすごい!」の記事を読んで、いてもたってもいられずに『ジョーカー』を観てきました。

www.konoutsu.com

こちらの記事の最後の文章がこちら。

映画が終わると急にぐったりきて、家でしばらく寝込んだ。

私も観たあとにめちょんこ疲れたので、ものすごくよくわかりました。

バットマンの悪役「ジョーカー」がいかにして「ジョーカー」になったのか懇切丁寧に描かれています。じっくりと丁寧に描かれているからこそ、しんどいのです。あー、そうかー、そりゃそうなるわなぁ、仕方ないなぁ、こうなっちゃうわなぁ、しゃーないなぁ、観ていてハラハラするような映画ではありません。ギリギリ万力で押しつぶされてしまうような感覚。精神的にかなりキツい。じわじわ締めあげてくる映画が好きな人ならたまらないでしょう。

しかしですね、私は『ダークナイト』や『ニンジャバットマン』に出てくる、イカれまくってリミッターがブチ切れた混沌の権化のようなジョーカーが大好きなのです。こちらの想像力を遥かに超える悪事をいとも簡単にしれっとやってのける狂気のヴェールを纏ったジョーカーこそが、私の求めるジョーカーなのです。今回の映画『ジョーカー』は私の理想のジョーカーではなく、あくまでも理想のジョーカーになるまでの過程でしかありません。だからでしょうか、映画を観終わった後に、不謹慎ながら「もっとむちゃくちゃして欲しかった」という気持ちがふつふつと。

 

『ダークナイト』を観なおしてみたのですが、やっぱりめちゃくちゃ狂ってますよね。やることなすことめちゃくちゃ。ナースのコスプレで病院爆破して小躍りするとか最高です。決して強いわけではないのです。バットマンにボコボコに殴られますし。でも、『ダークナイト』のジョーカーは最高なんです。

今回観た『ジョーカー』は、『ダークナイト』のジョーカーとは全くの別物と考えたほうがよいのかもしれませんね。ていうか、『ダークナイト』のジョーカーを演じたヒース・ロジャーがすごすぎるのだと思います。亡くなられたのが本当に残念です。合掌。