ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ひかりさん、ハッピーお誕生日おめでとう!

ブログのお友達、ひかりさんがお誕生日をお祝いして欲しいという記事を書かれていたのでぐわぐわ団を代表して私がお祝いしたいと思います。お誕生日、ハッピーバースデー!

arutenaira.hatenablog.com

さて、お誕生日をお祝いするようになったのはいつからでしょうか。豆知識として知っておいたほうがよいと思いますのでご説明致します。共通一次に出るかもしれませんよ。

f:id:make_usagi:20210505103212j:plain

まず、秦の始皇帝がぶいぶいいわせていた頃にさかのぼります。夏蓮蛇(?〜紀元前220年)というお役人が昼休みに食堂でAランチを食べながら「なんとなくカレンダーがないのは不便じゃね?」と仲間にぼやいたところ、「じゃあ、お前が作れよ」という話になり、1年を365日にすると勝手に決めて秦の始皇帝に「こないにしまっせ」と申し出たところ、始皇帝の機嫌が悪かったのか、八つ裂きにされたということです。

とにかく、カレンダーができて、生まれた日がはっきりするようになったのですが、生まれた日を祝うようになったのは20世紀になってからのことです。ドイツ生まれのオランダ人、O・タンジョビー(1921〜1975)というケーキ屋さんが「どうしたらケーキ売れるんだろう」と頭を悩ませた結果、「誕生日にケーキを食べるという風習を作ってしもたらええねや!」と閃き、「お誕生日にはケーキを!」という看板を店頭に立て、どうにかしてケーキを売ろうと頑張ったのですが、近くにできたシャトレーゼにお客さんをごっそり取られて、ひっそりと廃業してしまいました。その後、漫才師としてイタリアのM-1のような番組に出演し、そこでも鳴かず飛ばずで、結局はシャトレーゼでバイトして働くようになったということです。

バレンタインデーに恋人にチョコレートを渡すという風習はチョコレート業界によって広く現代社会に根付きましたが、お誕生日にケーキという風習もO・タンジョビーの努力によって広く認知されるようになりました。そして、その陰には夏蓮蛇の犠牲もあったのです。

もちろん、全部ウソですが、参考になりましたら幸いです。合掌。

引っ越しに失敗ってどういうこと!?

ここんとこ、ちょこちょことブログのお友達の記事に言及していますが、ゴールデンウィークだからということにしましょう。というわけで、今日はayakoさんのこちらの記事。

sweeteatime.hatenablog.com

先だって、引っ越しに失敗した。
人生には大なり小なり無数の失敗がつきものだが、それは料理とか裁縫、受験とか仕事、そういう事象で起こると思っていた。

理由はぜひ読んでもらえればと思うのですが、実はしれっと流して書かれているのでわかんないのです。私のたくましい想像力を駆使しても、近隣住民がキピガイだったとか、DQNだったとか、殺人鬼だったとかぐらいしか思いつかないのですが、とにかくめちょんこ大変だったことはわかります。でも、本当のところはわからない。

でも、そのおかげでぐいぐい読めてしまうのがすごい。私の大好きなドストエフスキーかトルストイが守護霊として取り憑いているんじゃないかと思うぐらい、楽しい読みものとして書いてしまえるのがすごいなぁと思います。もちろん、ストレートに自分の気持ちを書いて読ませるってのもありだし、文章って本当にいろいろなアプローチがあって、みんなちがって、みんなかわいいで素敵な世界だなぁと思うのです。

私の場合は引っ越しで大成功し過ぎたおかげで、完全に根が生えてしまい、もはやここ以外で住むことは考えられず、何かあったら心中覚悟なので、ayakoさんにはぜひ次の引っ越しは成功させてもらいたいなと願います。

f:id:make_usagi:20210504093803j:plain

さて、ご覧ください。本日のモーニングです。

スクランブルエッグに生ハム、ベビーリーフに甘夏をまぶしたサラダです。このベビーリーフに甘夏をまぶしたサラダがとにかくめちょんこ美味しいのです。私のオリジナルと言いたいところですが、そういうわけではなく、こちらの本に紹介されているものです。

ゆるゆるでもおいしくごはん

こちらの本の第1話で紹介されているのですが、とにかく簡単でさわやかで健康的でおしゃれで美味しいというびっくらぽんなサラダ。こんなおしゃれなサラダを食べつつ、京都テレビで放送されていた「歌謡曲の匠」という番組を見ていると、中学生の息子の授業参観日に気合入れ過ぎて「あの人だれの母ちゃんや?!」と教室が騒然となるような格好で登場した女性がまったりと歌を歌っていました。今日も平和だ。合掌。

ネガティブとポジティブの関係

ブログのお友達、あけみダイナミックさんが書かれていた記事を読んで思ったことをつらつらと書いてみようというのが今回の記事です。

www.akemi-12mg.net

ネガティブ<ポジティブ

上の式のように、ほとんどの方がネガティブよりポジティブのほうがよいと考えているように思います。あけみさんの記事にもポジティブになりたいという気持ちが書かれています。

f:id:make_usagi:20210503143003j:plain

とはいえ、ネガティブが何だか悪いことのように思われていますが、そんなことはないんじゃなかろうかというのが私の考えなのです。

例えとして良いか悪いかわかりませんが、もうすぐ開催されるハズのオリンピックで考えてみましょう。オリンピックは平和の祭典だし、経済的効果もすごいし、前の東京オリンピックを開催してから日本はすごい国になったという過去の栄光もあって、みんなポジティブ、積極的で前向きに招致活動を行って、結果として去年の夏に開催することになりました。

とはいえ、例のウイルスのせいで開催ができず、来年になったらワクチンもできているだろうし、みんなニコニコでオリンピックが開催できるだろうというポジティブ思考の人たちが偉い人を中心にたくさんいたので、結果として今年に延期になりました。

そして、このザマですよ。

もし、ネガティブな人がてっぺんにいたら、オリンピックなんてしてもボランティアとか集めるの大変だし、いろいろ調整が面倒だし、感染病が流行っていたら大変だし、設備もいろいろと改修しないといけないし、何と言ってもお金もかかるし、昔は成功したけど今回は成功するかどうかもわからないからやめとこうなんてことになっていたかもしれません。

ネガティブであるがゆえに、危険や災害を察知して、事前に対策をとったりもできます。ポジティブばっかり集まったら、ウェーイで物事が進んでしまって、気がついたらえらいこっちゃなんてことは多々あることです。玄倉川水難事故なんてのはウェーイで突っ走って、みんな流されちゃいましたからね。

だから、ネガティブが絶対的に悪いというわけではなく、結局はバランスの問題で、ネガティブだからポジティブにならなきゃなんて思わず、自然体でよいのではないかと思うのです。みんなちがって、みんなかわいい。みんな、エラいのです。ぐわぐわ団はネガティブでも褒めてあげます。合掌。