ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

極超音速兵器

各国で極超音速兵器の開発がお盛んなようです。極超音速兵器というのは何かというとマッハ5以上で飛ぶミサイルのことです。『マッハGoGoGo』で主人公の三船剛が乗っていたのがマッハ号ですが、極超音速兵器はマッハ号ではなくマッハ5なのです。シューマッハもたぶんびっくりすることでしょう。

f:id:make_usagi:20211024000449p:plain

超音速というだけでもすごいのに、極超音速なんて誰が考えたのでしょう。とにかく語感がすごい。

激!!極虎一家 第1巻

『魁!男塾』で有名な宮下あきらが昔に描いていた『激!!極虎一家』という漫画がありますが、この漫画のタイトルも結構すごいインパクトです。しかしながら、極超音速兵器はそれ以上のインパクトがあるのではないでしょうか。

ちなみに、音速を超えるとソニックブームという衝撃波が生まれ、めちょんこうるさいのです。ストリートファイターⅡのガイルが使っていた技がまんまソニックブームだったのですが、あれは腕を音速で動かすことによって衝撃波が発生するというメカニズムによるものです。私のような凡人では出すことはできませんが、ガイルであればできるのです。ストⅡのガイル、めちょんこ強かったですからね。でも、私の好きなキャラクターはエドモンド本田です。

話がすっとんきょうな方向に進んでしまっていますが、ぐわぐわ団ですから仕方ありません。とにかく今は中国やロシアが極超音速兵器の開発に前のめりで、アメリカが必死に追いかけるという状況のようです。この極超音速兵器というのは追尾して破壊するのが難しく、発射されたらどうにもこうにも対処のしようがないというやっかいなものなんだとか。世界の軍事力のバランスが大きく崩れる可能性があり、誰かさんは「ゲームチェンジャー」と言っていました。

日本はアメリカにおんぶにだっこなので、極超音速兵器に対して何もできないというのが本音ですが、とりあえずぐわぐわ団は極超光速兵器を開発してしまっているので、アインシュタインが「光より速いものはない!」と怒り出しそうなのですが、できたんだから仕方がない。もはや、ぐわぐわ団は「ゲームチェンジャー」ではなく「ゲームセッター」なのです。世界平和に貢献するのでさっさとノーベル賞ください。合掌。

バイエル国際ピアノコンクール

ショパン国際ピアノコンクールで反田恭平さんが2位、小林愛実さんが4位に選ばれました。これはもうめちょんこすごいことです。おめでとうございます。ショパン国際ピアノコンクールは5年に一度しか開催されず、エリザベート王妃国際音楽コンクール、チャイコフスキー国際コンクールと並ぶ世界三大コンクールのひとつとしてすごいコンクールなのです。

f:id:make_usagi:20211021193857p:plain

オリンピックでも4年に1度は開催されるというのに、ショパン国際ピアノコンクールは5年に1度で、しかも例のウイルスのせいで1年延期されていたというのですから、ぎっちょぎちょに緊張もするでしょう。しかし、そんな中でも実力を発揮されて結果を残されたのはぐわぐわ団として非常に誇りに思います。反田さんも小林さんもぐわぐわ団の団員ではありませんが、誇りに思うのはこちらの勝手なのです。みなさんもぜひ賞賛しましょう。

ちなみに、私はショパン国際ピアノコンクールに出たことはありませんが、もっとすごいバイエル国際ピアノコンクールに出たことがあります。ピアノを習い始めた人がまず手にする教本であるバイエルの曲で勝負する大会であり、5年に1度どころか、5000年に1度しか開催されません。昨年、例のウイルスのどさくさで開催されたため、出場者が私だけとなり必然的に1位となりました。ありがとうございます。

いまでこそ西田敏行ではありませんが「もしもピアノが弾けたなら」なのですが、小学生の頃はピアノを習っていたのです。そして、なかなかバイエルから先に進めず、もんにょり大爆発だったうえに、ファミコンのほうがおもしろかったので、全然練習をせず、結局ピアノからは遠ざかってしまいました。もしもファミコンがこの世になかったら私はピアニストとして活躍していたかもしれません。かといって今、ファミコニストになっているわけではないのでファミコンには恨みひとしおです。

相方も土曜日がピアノの日で、金曜日の晩になってようやくバイエルを開いて泣きながら練習をしていたそうです。似たもの同士です。合掌。

突然の寒さに恐怖を感じる今日この頃

地球温暖化だなんだと大騒ぎした挙句、二酸化炭素排出量を減らすことが喫緊の課題だということでSDGsやらなんやらまで持ち出して世の中わーきゃーしています。その結果、石炭は二酸化炭素をたくさん出すからダメだ!ということになって液化天然ガスに需要が集まり、中国をはじめいろんな国がものすごい量の液化天然ガスを買いまくるもんだから価格がめちゃくちゃ高騰してしまい、そこかしこに影響が出てくる始末。しかし、根本的な問題である地球温暖化というのは地球が暖かくなるということなのに、なぜにこんなに急に寒くなるのでしょう。

f:id:make_usagi:20211020213430p:plain

ごみちゃんなど、寒くておふとんから出られないとぷーぷー文句を言っています。つい先日までクーラーをガンガンに使って暑さをしのいでいたというのに、すぐにガスストーブを使わねばならんというのはどういうことでしょう。ガスも値段が上がってきています。そういえば、ガソリンもげちょげちょに値段があがっており、日常的に車を使われている方はガソリン代が大変なことになっているかもしれません。ぶっちゃけ、消費税10%減税をすべきですし、ガソリン税なんかもなくしてしまうぐらいがよいかもしれません。

あまり知られていませんが、ガソリン価格には1リットルあたり53.8円の税金が含まれています。そして、わけがわからないことに、税金を含んだガソリン価格に対して、まるまる10%の消費税がかかっています。税金のうえに税金をかけて二重に税金を取られていることになるのです。

たばこなんかも最近値上げしてセブンスターが600円になりました。私はたばこを吸いますが、今は吸っていないだけです。飲み会もなくなった昨今、ちっともたばこを吸っておらず、だからといって禁煙しているつもりでもなく、ただ単に吸う機会がないから吸っていないだけという、けったいな感じなのですが、とにかくセッターが600円というのも無茶苦茶な話で、それだけお給料が上がっているのかというとそうでもないので大変です。いや、たばこ買ってないから今のところ関係がない。でも、大変ということにしておきましょう。

気温の寒さも大概ですが、懐の寒さも大概なので、とりあえず次の選挙には「税金を全廃します!」という政党に一票を投じたいと思います。合掌。