ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

そもそも産休とか育休とかいうコトバがもんにょりじゃないスか?

岸田総理大臣がすごいことを仰っています。

岸田総理大臣は、賃上げの一環として重視する個人のリスキリングについて、産休や育休中の人が取り組むことを支援する考えを示しました。

とりあえず、リスキリングというのはリスさんを殺すことではありません。リスキリングというのは「リ + スキリング」学び直しのことですが、わざわざリスキリングなんて聞き慣れないコトバを使う必要はありません。トンチキな言い回しはやめて、学び直しでよいではないでしょうか。

ぐわぐわ団は学び直しを批判するつもりはありません。私自身は九九があやふやなのでいつの日か学び直しをしようと思っています。その際に政府からお金が頂けるようになっていたら嬉しいです。

とはいえ、学び直しなんてのはいつでもできるかというとそんなことはありません。

それこそ、産休中とか育休中に学び直しができると本気で思っているのであれば想像力が足りなさすぎます。妊娠中はつわりとかでいろいろ身体が大変だし、安定期に入ったからとていつ何時何が起こるかわからないし、そもそも身体の中に別の命が宿っているというわけのわからん状況でメンタルが平常でいられるわけがありません。異次元の少子化対策とか言って「産めよ増やせよ」とか言ってるそばから「学べよ」とか追加で言ってくる神経が理解できません。私たちはそんなに意識が高くないんだよ!と声を大にして言いたい。

まあ、外遊中に息子に公用車をあてがって観光させて子育てしてるつもりの総理大臣には決して理解できないでしょう。

そして、子どもが生まれたらそれこそ24時間休みなしです。誰だ、育休なんてコトバを考えたのは。確かにお仕事は休んでいるかもしれませんが、それ以上に大変な子育てというお仕事をされているのです。休んでない。24時間働いているのです。でも、言葉尻をとらえて「休んでるんだからせめて勉強しておきなさい」と言ってくるわけですよ、総理大臣が。想像力の欠如もここまでくれば天晴れです。産まれたての子ども100人ぐらい渡して「ちゃんと子育てしなさい」と言って蝋人形の館に閉じ込めてやろうか。1日で音を上げることでしょう。

というわけでタイトルに戻るのですが、そもそも産休とか育休とかいうコトバがもんにょりじゃないスか?産休は英語で ”maternity leave” と言います。英国人の考え方は妊娠しているから休むんじゃなくて離れる、なのです。そして育休も同様、”childcare leave” で子どもの世話のために離れる、なのです。決して休みではない。フランス語も同じです。

産休とか育休というコトバがよくないのです。産休とか育休なんてのは会社の立場からのコトバであって、決して当事者の女性の目線に立ったコトバではありません。異次元の子育て対策とかリスキリングとか言う前にまずコトバを正していきましょう。産休ではなく産働、育休ではなく育働でどうでしょう。そして、私には永遠の有給休暇をいただきたい。合掌。

運動を続けるために

注:今日はイカ臭い男子中学生になった気分で文章を書きます。ご了承ください。

毎日毎日ストイックに『Fit Boxing 北斗の拳』と『フィットネスランナー』を頑張って続けています。運動大嫌いな私がなぜここまで続けることができたのでしょう。その秘密に迫ります。

まず、『Fit Boxing 北斗の拳』に関しては最後のインストラクターであるユリアを手にいれるために頑張っています。ただ、マミヤのビキニ衣装を買ったり、聖帝サウザーのへんてこジャージを買ったりしたので fit point というゲーム内で使うお金が足りません。

この『Fit Boxing 北斗の拳』ですが、最初の頃はなぜか fit point がそこそこ貯まるので好き勝手に衣装を買ったりして遊べるのですが、ゲームが進めば進むほど足りなくなります。いわゆる fit point 貧乏になります。ラオウを手に入れた頃にはもうスッカラカンです。そして、ユリアを手にいれるためには必死になって地道にパンチをパンパン打つしかなくなるのです。なんたる鬼畜仕様。マミヤのビキニ衣装を手に入れてによによしていたのですが、マミヤは原作で南斗水鳥拳の使い手レイによって1ページぶち抜きで全裸にされてしまっていますので、そこまでビキニ衣装に fit point を使わずともよかったのではないでしょうか。ちなみに、南斗水鳥拳のレイは指先一つで服を全部破けるので、当時の男子中学生が南斗水鳥拳を身につけようと頑張ったものです。

ちなみに、ユリアを手にいれるためにはまだまだ fit point が足りません。とにかく雑魚をボコして fit point を手にいれるしかないのです。残酷な世界です。

そして、もっと鬼畜なのが『フィットネスランナー』です。こちらをご覧ください。

1月2日にこのゲームを買ってから今日まで毎日地道にコツコツとデイリーサーキットを続けてきました。右側にいるフィットネスランナーのナオミ、本日ようやく生腕と生脚を出していただくことができました。ありがとうございます、ありがとうございます。というのも、ゲームを進めるとプレイヤーランクが上がって、新しいトレーニングができるようになったり、ランナーの衣装が手に入ったりするのですが、とにかくランナーの衣装がピッチピチで頭以外は肌露出全くナシなのです。しかし、1ヶ月ほど頑張るとようやく生腕と生脚が出る衣装を手にいれることができるのです。ここまでくるのにめちょんこ時間がかかりました。しかし、これで満足してはいけません。もっともっとステキな衣装が手に入るようになるのです。頑張らないわけにはいきません。サーキットトレーニングって一つ一つの運動はそれほど負荷はかからないのですが、連続してすることで結構キツいのです。今日は上の衣装を手にいれるために無理やりデイリーサーキットを4セットプレイしたのですが、もうへとへとになりました。身体はもうボロボロです。しかし、その甲斐あって、ようやく生腕と生脚を拝めたのですからよいのです。

引き続き、頑張ってパンチを打ちつつ、サーキットトレーニングを続けていこうと思っております。ちなみに、体重は一向に減りません。身体が一向一揆でも起こしているのかもしれません。頑張りましょう。合掌。



 

 

在庫を操作する

今、こんな本を読んでいるのです。

なぜ倒産 令和・粉飾編 ― 破綻18社に学ぶ失敗の法則

ぐわぐわ団を倒産させるわけにはいきません。「潰れる会社は驚くほど似ている」ということなので、潰れる会社の真似をしなければよいのでしょう。とりあえず読み進めているのですが、在庫を操作することで決算書を良く見せて金融機関からお金を引っ張るみたいな記載があったので、なぜ在庫を操作すれば決算書がよくなるのだろうと思いました。

できるだけわかりやすくするために、めちょんこ単純化して考えます。糸の重さは考えないものとするとか、摩擦は考えないようにするとか、物理でよく使われている手法とよく似ていますが、おそらく似て非なるモノです。まず、資本が10、資産として商品を10持っている会社を考えます。現金0で人件費とかどうすんねんということは考えてはいけません。ていうか、資本を全部商品で持つという、競馬でメグロマックイーン単勝に全財産ぶち込み、みたいな商売はヤバいと思いますが気にしてはいけないのです。

そして、商品10が現金12で売れたとします。となると、利益が2になります。ここまではよろしいでしょうか。ここで在庫操作して、本当は商品10を売ったのに、5しか売っていないことにすればどうなるでしょう。

貸借対照表は必ずバランスしますので、資産(貸借対照表の左側)は現金12+残りの商品5=17です。貸借対照表の右側、資本10は変わりませんので、結果的に利益が7になるのです。つまり、2の利益が7になるのです。現金12から5を引くと7になりますが、同じ意味です。めちょんこ儲けたことになってしまうのです。しかしながら、現実には商品は10全部売っているので在庫はありません。商品5は架空計上ということになります。

このようにできるだけ単純化して考えることで、わかりにくいこともわかりやすくなるのではないでしょうか。

そして本の話に戻るのですが、このような在庫操作をしてしまうと、その後ずるずると粉飾を続けるようになってしまい、もはや最後には倒産するしかなくなるようです。怖いですねぇ、恐ろしいですねぇ。ぐわぐわ団には商品も在庫もありません。ご安心ください。合掌。