ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

実は税金は高くなかったりする

ももはなさんがブログの記事で税金が高いと嘆いておられます。

however-down.hatenablog.com

日本の所得税は累進課税制度なので、たくさん稼げば稼ぐほど税金も高くなります。私のようなハイパーメディアクリエイターともなると税率は100%を超え、細々と暮らすための生活費以外は全て税金に持っていかれてしまっているようです。詳しいことは知りません。お抱えの税理士に全て任せており、その税理士が「税金が高いんやから仕方おまへん」と言っているので、たぶんそうなのです。

なんとなく、税金は払い損みたいなイメージがついてまわりますが、実はそうではありません。税金の「税」の字をご覧ください。のぎへんにちょんちょん、くち、カタカナのノを書いて、ぐわっと上から下へ、そして右に曲げて上にはらいます。だからどうしたと言うのでしょう。漢字に何かヒントが隠されているのかと思ったのですが、別に何も隠れていませんでした。実に残念なことです。

みなさんはもう忘れたかもしれませんが、警察署から逃亡して日本横断に出かけた樋田淳也くん。大阪府警が総力を挙げて捜索し、がっちり逮捕してくれました。市民の生活を守ってくれる警察は私たちの税金によって成り立っています。私たちがのんきに暮らしていられる裏には警察のたゆまぬ努力があり、そのために私たちの税金が使われているのです。自分だけで身の安全を守ろうとすれば、いくらお金があっても足りません。そう考えると、税金が高いとは一概には言えないのです。ただ、残念なことは、樋田淳也くんをうっかり逃亡させたのも警察だということです。

私たちが日常的に使う省線……ではなくJRも、もとはと言えば国鉄、すなわち税金で作られたものです。今でこそ民営化してしまいましたが、ご先祖様が税金でインフラを整備してくれたからこそ、今の便利な世の中があるのです。高速道路もそうです。民営化してしまいましたが、もともとは税金で作られたものです。大阪市営地下鉄も大阪市税で作られたものです。今や大阪メトロとなり民営化してしまいました。他にも、郵便局なども、もともとは国の事業であり、税金が使われていました。でも、民営化してしまいました。民営化しまくりです。税金いらんやん。

以上をもちまして、税金は高くなかったりすると言いたかったのに、結果的に税金は高いどころか、何がなんだかさっぱりわからなくなった記事を終了致します。ご静聴ありがとうございました。本当に何を言いたかったのか自分でもわからない。合掌。

火曜日のサザエさん

『志村けんのだいじょうぶだぁ』という番組のコントで、志村けんと田代まさしがゴルゴ13みたいなスナイパーに扮して、ライフルのスコープで隣のビルを見ると、ちょうど着替え途中の女性を見つけて、その女性がおっぱいぽろりんの大サービス、志村けんと田代まさしは突然のゴンヌズバーに狂喜乱舞の大興奮、愚息も頂点、ちんちんが1メートル以上にでかくなって、ちんちんでチャンバラを始めるという、知能指数がマイナスか虚数でもないと思いつかないようなコントを見て、大人というのは大変なんだなぁと感じたことがあります。

月曜日が『志村けんのだいじょうぶだぁ』で、火曜日が『サザエさん』だったのですが、いつの間にか「火曜日のサザエさん」と言っても「???」となってしまうようになりました。「水曜日のカンパネラ」とは違いますので念のため。

火曜日のサザエさんの主題歌は「ま〜どをあけ〜ましょ、るる〜る」で始まる歌で、日曜日の裸足で魚をくわえたドラ猫を追いかける歌とは違います。

いつもいつも不思議に思うことですが、魚をくわえたドラ猫を追いかけて、魚を取り返したとします。そんなことができるのかどうかは別として、はたしてその魚は誰の食卓に並ぶのでしょうか。波平か、マスオか、はたまたフネか。嫁と姑のどろどろとした関係はサザエさんでは描かれてはいませんが、もしかしたら猫がくわえた魚をこっそりと姑の食卓に並べているのかもしれません。そして、何も知らずに「お魚は美味しいわねぇ」と口にするフネを見て「ヒッヒッヒ……」と思うサザエがいるのです。

ここまで書いて間違いに気付きました。サザエとフネは嫁と姑ではなく、子と実母の関係です。本当にどうでもいいことですが、間違えたのでお詫びして訂正致します。

さて、火曜日のサザエさんの話ですが、主題歌で「わたし〜もサザエさん、あなたもサザエさん」という末恐ろしいフレーズが飛び出すのです。ゾンビや吸血鬼のように、サザエさんに噛まれたら、あなたもサザエさん。そんな世界が火曜日に。合掌。

どうしたんだ!カルロス!

突然の訃報に驚きを隠せない。ていうか、訃報ではない。カルロスが逮捕されたのだ。黙っていられるはずがない。有価証券取引書に嘘八百を書いていたので逮捕されたのである。そんなことで逮捕されるのであれば、嘘ばっかり書いているぐわぐわ団など、八百回逮捕されても仕方がない。私だって50億円は欲しいし、100億円ならなお欲しい。

カルロスのために、ぐわぐわ団は立ち上がろうと思います。今後、どのようなことになるのかわかりませんが、刑務所から出て来たときには迎えに行って、更生するための援助の手を惜しまないことをここに宣言致します。カルロス、今は拘置所の中でぐわぐわ団を読めないかもしれないけれど、ぐわぐわ団はカルロスの味方なのだ。ぐわぐわ団は徹底的にカルロスの味方なのだ。

陰謀論を唱えるつもりはありません。トヨタの差し金だとか、そんなことを言うつもりは全くありません。もしかしたら、ロックフェラーやロスチャイルドによる陰謀なのかもしれないけれど、そんなことはどうでもいいのです。陰謀なら陰謀でカルロスは身の潔白を訴え続けたらいい。ぐわぐわ団はカルロスを応援します。そして、援助を惜しみません。

だから、カルロス!君がいつの日か、罪を償った暁には、ぐわぐわ団を思い出して欲しい。ぐわぐわ団は逮捕されたその日から、カルロスを応援していたのだ。カルロスのことを信じて、疑わなかったのだ。カルロスが悪いことをしたのか、しなかったのか、そんなことはこれからわかることだし、もはや何を書いているのかわかっていないし、眼医者さんに行ったら軟膏を目に突っ込まれて「何をするんだ!」と内心憤慨しつつも、目がかゆいんだから仕方がないのです。

眼医者さんでテレビを見ていたら、カルロスが逮捕されたとニュース速報が出て来てびっくりしたよ。カルロスがそんなに悪い人だとは思っていなかったからね。

だから、カルロス!頑張ってほしい!そして、君を応援しているぐわぐわ団に感謝の気持ちとして、有価証券取引書に記載していなかったお金を振り込んでくれたまえ。合掌。