ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

けんこうしんだん

こんばんは、徳川家康です。今日は、けんこうしんだんについてお話します。

f:id:make_usagi:20210411195737j:plain

漢字で書くと「券更新団」です。古いチケットを新しくする団体です。ぐわぐわ団は券更新団ではありませんので、このような業務は致しませんが、会社なんかにバスで乗りつけて、社員をうじゃうじゃと並ばせて、1人ずつレントゲン写真を撮って古いチケットを隠してはいないかをチェックするのです。

ちなみに、最初の「こんばんは、徳川家康です。」というのは、今年のNHK大河ドラマ「聖典を漬け」のオープニングで必ず出てくる徳川家康扮する北大路欣也が行う挨拶で、ドラマそのものはちっとも見てはいないのですが、たまに相方が北大路欣也の「こんばんは、徳川家康です。」だけは見てケラケラ笑っているのです。

いきなり徳川家康に「こんばんは、徳川家康です。」と挨拶されたら面白いに決まっているのです。そして、あまりにも面白すぎるので、北大路欣也だけでお腹いっぱいになってしまって満足してテレビを消してしまうのです。ですから、渋沢栄一がどんな活躍をしてとか、そんなのには興味がありません。前作の「麒麟がくる」は毎週めちょんこ楽しみにしていたというのに、何がどう違うのかわかりませんが、単に私が長谷川博己が好きだったというだけのような気もします。

来年は三谷幸喜が脚本の「鎌倉殿の13人」ということで、ちょっと楽しみにしていたりしますが、まだまだ先の話ですし、それよりも前に『ジョゼと虎と魚たち』のBlu-rayが販売されたりもするので、そちらのほうが楽しみです。

アニメ映画『 ジョゼと虎と魚たち 』限定版 [Blu-ray]

アニメ映画『 ジョゼと虎と魚たち 』限定版 [Blu-ray]

  • 発売日: 2021/08/25
  • メディア: Blu-ray
 

すでに予約しちゃいました。映画館で1度しか見られなかったので、もう一度見たくて大変なのです。8月25日ということでまだまだ先の話ではありますが、楽しみがあるというのはとても幸せなことだと思うのです。なんでもないようなことが幸せだったと思うのですから。合掌。

マッチングアプリケーション

だらだらとYouTubeの動画などを見ていてちょくちょく目に付くのがマッチングアプリの広告です。特に興味もないのですが、広告を見ないことには見たいものが見られないので仕方なくマッチングアプリの広告も見るのですが、そこで気になるフレーズが。

f:id:make_usagi:20210411124614j:plain

どのマッチングアプリなのかはどうでもいい話なので各自お調べ頂ければと思うのですが、とにかく「毎日8,000人が登録」と言っているのです。指数関数的に2倍、4倍、8倍とどっかんどっかん増えていくわけではありません。初日に8,000人、次の日は16,000人、その次の日は24,000人と増え方は8,000人刻みなわけですから、そんなに大げさではないかなと思いつつも、日本の人口約1億2,000万人に達するまで何日かかるのか、ものすごく気になるわけです。

というわけで、さっそく計算してみましょう。

120,000,000÷8,000=15,000

15,000日を365日で割ると約41年。

日本の全国民が登録を完了するまで40年近くかかることになります。意外や意外、毎日8,000人が登録なんてしてたら数年で日本人全員がマッチングアプリに登録することになると考えてしまっていましたが、やはり指数関数的に増えるわけではない以上、そこそこ時間がかかるのです。

40年後、日本人が全員このマッチングアプリに登録していることになっているかどうかはわかりませんが、和歌のやり取りをした後に夜這いをかけてうっちゃらうっちゃらしていた平安時代に比べて隔世の感があるのは否めません。マッチングアプリに登録したらすぐに人工知能が最適な人をピコーンと選び出して、この人となら結婚しても大丈夫ですよと太鼓判を押すかのような世の中になってしまうのでしょう。末恐ろしいことですが、適切な人を選んでくれる以上、西野カナが「会いたくて、会いたくて、震える」みたいな歌を歌わなくてもよくなるのだとすれば、それはそれで素敵な未来ではないでしょうか。では、ごきげんよう。合掌。

半導体不足

世の中、半導体不足だそうです。半導体が足りないからいろんなところに影響が出てきているとか。私は半導体の専門家ではないので聞きかじりではあるのですが、なんかもうホントに大変みたいです。

ドラッグストアでは開店前から時間だけはたっぷりあるじいさんばあさんがどうにかして半導体を手に入れようと行列を作り、店員さんはそのじいさんばあさんの対応にてんてこまいになっているとか。「いつ入荷するのよ!」「倉庫に隠してあるんだろう!さっさと出せ!」「あなたがつけている半導体を売ればいいじゃない!」という心ない言葉に店員さんの心もすり減りまくり、毎日毎日半導体ありませんと言い続けるなんてやってられるかと仕事を辞めてしまう人もいるそうです。

f:id:make_usagi:20210409214056j:plain

とにかく、半導体がないと日本の産業はお話になりませんし、生活にも師匠が出てきます。変換ミスで支障が師匠になってしまったのですが、いきなり師匠が出てきたら面白そうなのでついついボケてしまいました。真面目な話をしているのに申し訳ありません。それはそうと、使い古しの半導体でも使わないといけないので、本当は再利用なんてしていいものなのかどうかはわかりませんが、丁寧に手洗いをして、干して、どうにかして使いまわしている人もたくさんいます。メルカリでバカほど高い値段で転売している転売ヤーもいて、これも問題になっています。

政府もさすがに手をこまねいているわけにもいかず、とりあえず各家庭に布製の半導体を2つずつ配ることにしたようです。大きさが小さいとか、カビが生えているとか、いろいろとろくでもない話も出てきていますが、とにかく半導体不足を何とかするのが最優先のようで、郵便局員の方がこれまたてんてこまいで配っています。ありがたいことです。

最近は家で半導体をハンドメイドで作って売るなんてことをする方もちらほらと。とにかく、どうにかして半導体不足をどうにかしてもらいたいものです。合掌。