ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ぐわぐわした話題

ぐわぐわとした感じのお話です。

パリは燃えているか

我が故郷、フランスのパリが大きく揺れています。とはいえ、地震が起きたとか、そういうことではありません。アクロン大統領の退陣を要求するデモで大変なのです。 アクロン大統領ではなくマクロン大統領でした。大変失礼致しました。アクロンなら毛糸洗いに…

マンスプレイニング

同じ戦前生まれの身であればご賛同いただけるものと思いますが、新しいカタカナ語がたいそう苦手でございます。とはいえ、新しいものを積極的に取り入れないと若人に負けてしまいます。今回は「マンスプレイニング」という言葉についてでございます。 先ほど…

語り継ぐことの大切さ

記憶というのは時が経つにつれて曖昧になってしまうものです。だからこそ、辛く悲しいことが我が身に起きようとも、人は生きていけるのだという考え方もありますが、忘れてはいけないこともあるのです。そして、ぐわぐわ団の使命は、忘れてはいけないことを…

年末調整

年末調整の季節です。 そろそろ年末ですが、12月31日を年末とするのか、それとも12月29日ぐらいから年末とするのか、これから調整が始まるのです。実にややこしい話で、クリスマスが終わったぐらいでお仕事も終わる人(サンタさん)にとっては、26日以降は年…

深夜の散歩が本当に坊ちゃんのためならなのか問題

藤子不二雄Ⓐの漫画『怪物くん』のアニメのエンディングテーマ曲「おれたちゃ怪物3人組」をご存知の方、一緒に激怒しましょう。 ♪力仕事に深夜の散歩、怪物料理の名コック(フガー!) 曲の歌詞の中にこのようなフレーズがあります。フランケン、ドラキュラ…

日本人に向いている競技

いつのことだか思い出そうとしても思い出せないのですが、テレビでマラソン中継をしていたとき、解説の人が「マラソンは日本人に向いている競技ですからね」と、ありえないことを口にしていました。 日本人なら誰しもマラソンに向いているというのは、さすが…

廃県置藩を推し進める勢力こそぐわぐわ団である

明治維新の偉業と言われている廃藩置県ですが、みなさんは都道府県に飽きてきている頃だと思います。思いつきで言っているだけですので、あまり深く考えられると困るのですが、今こそ廃藩置県の逆、廃県置藩を推し進めるべきではないでしょうか。 廃県置藩を…

ドラフト会議の指名大募集中

今日はドラフト会議です。朝の忙しい時間を縫ってむりやりブログを書いているので、誤字脱字、てにをはがむちゃくちゃ、毀誉褒貶、罵詈雑言、天地無用にノックは無用!、その他もろもろいろいろと不都合、不具合、あると思いますが、10分しか時間がない中で…

恋人がサンタクロースでよいのだろうか

恐れ多くも、松任谷由実の名曲に物申すことに致します。 つむじ風を追い越してくるのです。つむじ風と竜巻は違うもので、破壊力では竜巻に劣るものの、テントを巻き上げるぐらいの力はあります。 weathernews.jp ウェザーニュースのサイトにつむじ風と竜巻の…

サマータイム問題を今こそ考える

みなさまはもうお忘れかもしれませんが、今年の夏はめっちょこ暑かったのです。これでは今度の東京オリンピックがエラいことになるということで、サマータイムの導入が話題に取り上げられました。しかし、さすがに10月になると、暑さもやわらぎ、穂先メンマ…

レジ袋の有料化を義務化することに対するぐわぐわ団の公式な意見

原田義昭環境相が、レジ袋の有料化の義務化を検討すると報じられました。 日本国民には三大義務というものがあります。日本国憲法に定められた「教育の義務」、「勤労の義務」、そして「納税の義務」の3つです。すでに3つも義務があるのです。これだけの義…

軽佻浮薄な若者どもにもの申す

昨今の軽佻浮薄な若者どもの言動に我慢ならんので、もの申すことにする。 「バブー!」とはどういうことだ、バカもん。 百歩譲って「バンブー!」と言うのであれば、エゲレス語で竹という意味だとわかるのであるが、どうも「竹!」と叫んでいるわけではない…

人が言っていることや教科書に書いてあることをすべて信じてはいけないが、ぐわぐわ団に書いてあることは信じよう

タイトルだけ思いついたので文章を書きます。ノーベル賞を取った偉い先生がおっしゃったお言葉です。実にありがたいことです。 『HUGっと!プリキュア』に出てくるキュアアムールの正体はルールー・アムールというアンドロイドなんですけどね、アンドロイド…

断続テレビ小説「くうふく」

平成30年度後期のNHKの連続テレビ小説「まんぷく」が10月1日から始まります。今回はチキンラーメンを生み出した日清食品創業者の安藤百福とその妻の半生をモデルにしたお話です。長谷川博己が好きな私は、そこそこ楽しみにしていたりします。 www.nhk.or.jp …

日本の小腸

日本の小腸として、日本に栄養を吸収したい! 何をトチ狂ったのか知りませんが、頭のなかでこんなフレーズが思い浮かんできたのですが、右の人からみたら日本の国体を揺るがす不遜な態度だ、けしからん!とお叱りを受けそうだし、左の人からしても日本の国体…

泥棒は嘘つきの終わり

最近、とんと泥棒を見なくなりました。 ほっかむりをして、唐草模様の袋を背中にしょって、こっそり家に忍び込んでモノを盗んでいく、あの泥棒です。泥棒の生息数が少なくなっているせいか、警察官と追いかけっこするなんて光景もとんと見なくなりました。 …

メリーゴーストレート

遊園地にあるメルヘンな乗り物といえば、ご存知メリーゴーランドです。馬や馬車に乗って、ぐるぐると回るのですが、これほど理不尽な乗り物はありません。運賃を支払い、馬や馬車に乗って移動するのですが、ぐるぐると同じところを回るだけで、お金と時間を…

「吊り橋効果」で愛しのあの子をゲットせよ!

「吊り橋効果」という言葉ぐらいは聞いたことがあるかと思います。 一緒に怖い経験をすると愛情が生まれるという心理学っぽい話です。ほんとかどうかは知りません。そんなに簡単に愛情が生まれるというのであれば、吊り橋屋さんはがっぽがっぽの大儲けです。…

検索流入を増やそう!

検索流入を増やすには、みんなの興味あるもの、大好きなもの、調べたくなるものについて書けばよいのです。いわゆる「パワーワード」というものです。 そして、そのパワーワードというのが「巨人・大鵬・卵焼き」です。 巨人・大鵬・卵焼き - Wikipedia Wiki…

避難モンゴル

「ひなんかんこく」があるのなら、「ひなんもんごる」もあって然るべきです。 馬に乗って大草原を逃げるのです。はいどーどー。 これ以上、話をふくらませようがないので、最近発見したちょっとしたライフハックを紹介したいと思います。みなさんは普段「佐…

【組織論】イエスマンばかりだと組織が腐敗する

「右の頬を打たれたら左の頬を差し出せ」というのはイエスの教えですが、この教えは殴られても抵抗するなという意味ではないようです。いろいろな解釈があるので、これが正しい答えというのもないのですが、ぐわぐわ団としては「左の頬を差し出して相手が油…

弘法も木から落ちる

「弘法も木から落ちる」ということわざをご存知でしょうか。 難しいことわざですので、理解しやすいよう、ひとつひとつ丁寧に説明をしてきますから、このことわざをご存じないという方も安心して読み進めてください。 まず、弘法とは何かというと、弘法大使…

大納言

日曜日、Hugっと!プリキュア、そしてゲゲゲの鬼太郎を見たあと、することがなかったので「大納言」について色々と調べていたのです。もう少しほかにやることがないのかと思われたかもしれません。私もその通りだと思います。計算ドリルでもすればいいのにと…

貧乏カルピス

「貧乏カルピス」という言葉を聞いて、なんじゃそれはと思われるかもしれませんが、ぶっちゃけて言うと薄いカルピスです。ホメオパシーみたいに薄めてしまうと味もへったくれもありませんが、「ああ、カルピスだ……」とどうにかこうにかわかる、水と原液がギ…

W杯が終わりました

W杯が終わりました。めでたし、めでたし。W杯ロスにならないようにしましょう。ただ、なんでもかんでも「ロス」をつけたらいいというものではありません。「ロス疑惑」に対する喪失感を「ロス疑惑ロス」なんて言い出したらきりがありません。そもそも、ナウ…

センチュリーとは何か?

トヨタの「センチュリー」が21年ぶりにフルモデルチェンジしました。 上の絵を見ても、なんのことだかさっぱりわからないと思いますので説明をしますと、いわゆるフェラーリのようなスポーツカーとは対極をなす、ショーファードリブンと言われる車です。 も…

ビフォーアフター

なんということでしょう。 おばあちゃんの部屋が素敵なログハウス風に! なんということでしょう。 中学生のモン太くんのベッドの下に本を入れる収納スペースが! なんということでしょう。 扉の開けるとそこにはお母さんの秘密の花園が! なんということで…

二四六九士

たまには役に立つことを書きます。 「二四六九士」と書いて「にしむくさむらい」と読みます。さむらいですが、平成維震軍とは何ら関係はありません。相撲では西と東がありますので、平成維震軍が東に陣取って西を向いたら「にしむくさむらい」になるなぁとい…

ぐわぐわ団は真実を語らない

なんだか仰々しいタイトルですが、こないだの記事「英国人は朝から大変であるということ」を読んで、英国人や米国人は大変なんだなぁ、日本人に生まれてよかったなぁみたいな感想を持たれた方には恐縮なのですが、あれは嘘です。 "Good"なのか、"Bad"なのか…

英国人は朝から大変であるということ

英国人は朝から大変だと思いました。 英国人の朝の挨拶は「Good Morning!」です。 朝の起き抜けに、低血圧の人に至ってはぼーっとしてどうにもこうにもならん状態で、低血圧でないとしても起きてすぐはしんどいというのに、"Good"なのか、"Bad"なのか、瞬時…