ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ぐわぐわした話題

ぐわぐわとした感じのお話です。

アルフレッド卿

満月の夜になると思い出す、アルフレッド卿の事を。 みなさん、こんばんは。さあ、はじまりました、時事公論!ではなく、ぐわぐわ団の与太話。本日はミシュランガイドで星3つのお店をご紹介。 近くにあるタイヤ屋さんなんですけどね、とにかく親切で、しか…

説明する力と聞いて理解する力

相手に何かを伝えようとするときに必要なのは説明する力です。そして、相手にも聞いて理解する力が必要となります。たとえ自分に説明する力が100あったとしても、相手が聞いて理解する力がゼロであれば、相手には何も伝わりません。 「キミの言っていること…

北枕に関して

込み入った話をします。 北枕で寝るのは縁起が悪いこととされています。Wikipediaからの引用です。 日本では釈迦の故事にちなみ、死を忌むことから、北枕は縁起が悪いこととされ、死者の極楽往生を願い遺体を安置する際のみ許されていた。 一方で、こんな説…

ドレッシング伯爵

ウソをつくことは悪いことなのでしょうか。 ウソをつくのが悪いというのは一理あるかもしれませんが、二理あるとは思えませんし、真理であるとは到底思えません。何となく良いことを言った気になりました。 ウソをつくと閻魔様に舌を抜かれると言われていま…

平和教育の功罪

私が若かりしとき、小学校でキッツい平和教育を受けてきました。 戦争で被害を受けられた方の体験談を中心に話を聞いたり、映画や本を見たりして、「戦争は残酷だ」「戦争はひどい」といったトラウマを植え付けられます。「戦争」と聞いただけで恐怖で寝られ…

速読の方法

できるだけ速く本を読みたいという人はたくさんいると思います。「速読」でグーグル検索なんかをしようもんなら、速読術を教えてあげますサイトがずらずらずらずら。速読術を教えてもらおうとすると、10万円台だと安いほうで、20万円以上なんてのもたくさん。…

あなたが最も尊敬するのは誰ですか?

佐村河内守。 もちろん冗談ですけど、でも、佐村河内守ってすごいんですよ。新垣さんにパワハラまがいのことをしていたとか言われていますが、1985年2月18日に放送されたフジテレビ「月曜ドラマランド」枠の単発ドラマ「まさし君」に端役のチンピラ役として…

近大付属高校は近畿大学から独立すべきではないか

テレビで高校野球の大阪大会準決勝をしていました。近大付属対履正社です。はっきり言いますが、高校野球は私にとって最大の敵です。大阪ではなぜかテレ朝系列のABCで高校野球を一から十までがっつり放送するのです。他の地域ではプリキュアを放送していると…

教養とは何ぞや

本屋さんでぶらぶらしてて目についた、教養とは何ぞや?みたいな本を買って読んだのです。あんまりおもしろくなかったので具体的に「この本です!」みたいなことは書きませんが、教養が足りないと思ったときにはぐわぐわ団を思い出していただき、過去記事を…

ファーストバイトの思い出

みなさんはファーストバイトをいかがでしたか? 上の絵は何となく思いつくままに描いてしまいましたが、ファーストバイトっぽさが抽象的に表現されているのではないかと思います。耳、目、口、そして筋肉が強調されている姿はファーストバイトそのものです。…

他人の子どもを叱れない日本人

ひと昔前であれば、町内に一人はカミナリオヤジと言われるような怖いおじさんがいて、悪いことをしている子どもがいれば「コラ!」と叱ったものです。 ひと昔前というのは、具体的に西暦何年頃を指すのでしょうか。実は適当に書いただけなので、そのあたりが…

ラストネーム

G20で安倍総理が各国首脳をファーストネームで呼んでいたそうです。駒田!とか、パチョレック!とか、シーツ!とか。何のことかわからない人は駒田徳広で検索してみましょう。巨人のファーストというと王貞治や中畑清を思い浮かべる人が多いと思うのですが、…

税について考える【高額所得者は偉くて低額納税者は税金泥棒なのか問題】

税金をあんまり払っていないのに、それ以上の恩恵を受けている人は税金泥棒!などと誰かが仰って炎上していますが、税のプロフェッショナルの私から言わせると「子どもじゃないんだから……」という感想しか出てきません。税とは何かがわかっていないから、高…

バッハマンについて

バッハマン。 インターネットサーフィンをしていて、どこかの記事で目についた人名こそバッハマンであります。つまり、その記事が妄想でない限り、この地球上のどこかにバッハマンという名前の人がいることになります。 どこで書いたか忘れましたし、誰にし…

メニューの功罪

レストランに入ると、コックさんがやってきて「こちらがメニューになります。」と差し出してくる。そしてメニューの中から食べるものを選ぶのが我々の成すべきことであり、メニューを無視して裸踊りをするなどしようものなら、警察をよばれるのだ。だから、…

こんな詐欺に注意!

最近、私の頭の中で横行している詐欺のパターンがなかなかに卑劣なので注意しましょう。 犯人グループはまず、お砂糖を小さなビニール袋に詰めて、各家庭のポストに投函していきます。そして、次の日に各家庭を回ります。 「こんにちは、何か不審なものがポ…

採番員採番

裁判員裁判の制度が始まってから10年が経ちます。 運が良いのか、悪いのかはわかりませんが、私のもとには裁判員になってくださいの通知書は届かず今に至ります。裁判員の候補者になりましたの通知書が届けば、万障繰り合わせて裁判員になりたいと思うのです…

宮沢賢百について

昨日の深夜にこんな記事を書きました。 www.gw2.biz 童話作家・宮沢賢二の兄、宮沢賢一について、ほぼ本邦初公開の情報をみなさまにお届けしましたが、思いついたのが夜中で、しかもヨガファイアーとかヨガフレイムとか、本当にどうでもいいことで埋め尽くし…

長州力は腕組みをする

喫緊の課題として今回取り上げるのが、長州力を画像検索したときにやたら腕組みをしている率が高いことです。 長州力 - Google 検索 検索結果を見ていただければ一目瞭然かと思いますが、やたらめったら腕組みをしています。 だからどうしたと言われるとぐう…

膝が痛い

昨日から、なぜか知らないけれど膝が痛い。ピザって10回言った後でも肘じゃなくて膝が痛い。取組の途中で痛めたとかそういうわけでもなく、たぶん寝ている間に何かをやらかしてしまったのではないかという可能性が高い。昨日の朝は起きたら激痛が走って、四…

リーマンショック級の出来事とは何か?

今年の秋の消費税増税に関しては「リーマンショック級の出来事が起こらない限り引き上げる方針に変わりはない」なんだとか。 なんだかんだでやたらと目にする「リーマンショック級の出来事」という言葉。私はまだ赤ちゃんなので、「リーマンショック級の出来…

斬首離

どいつもこいつも断捨離ばっかりじゃねえか! どいつと言っても、昔は西ドイツと東ドイツに分かれていた、あのドイツじゃねえですよ。じゃあ、誰なんだよ!と言いたくもなりますわな。仕方のないことでさぁ。どいつが誰だかわからねえ。そんなことは風に聞い…

まぐろが食べられなくなる

ちょいちょい耳にする「まぐろが食べられなくなる」という言葉。 まぐろなんて昔はデカいだけで美味しくない魚ということで、人気もなくて、特に大トロなんて部位は「脂っこくてこんなん食べるもんちゃうわ」と言われて、下手すりゃ捨てられていたぐらいの部…

【今さら聞けない】関税とは何か?【話題のフレーズ】

アメリカと中国が貿易摩擦でげちょげちょになって、お互いに関税を上げて締めまくるというむちゃくちゃなことになっています。アメリカが中国に4の字固めをかけてギブアップを迫っていたら、中国がひっくりかえってアメリカにダメージを与えて形成逆転した…

みんな生まれたてのときは首が座っていない

もしかしたら、ものすごいことに気がついたのかもしれません。 お釈迦様は生まれてすぐに7歩あるいて、右手をあげて「天上天下唯我独尊」と言ったといわれていますが、お釈迦様は別にして、他の人たちはだいたい生まれてすぐというのは立つこともできないし…

近代日本経済の母は誰なのか?

世の中の話題というのはとにかくあっち行ったりこっち行ったりで忙しく、ついこの前大騒ぎしていたことがあっという間に忘れ去られてしまいます。新紙幣を発行します!と政府が発表して、わーっとなったのもつかの間、話題としてはあっという間に消費されて…

令和の時代など来ない

テレビを見ていると、平成を振り返りまくりで、もはや食傷気味です。何でもかんでも振り返ればよいというものでもないのです。そして、意識高い系の人たちがやたらめったら「新しい令和の時代に向かって!」と目標を立てまくりです。ここまでわーきゃー騒が…

子どもがテストで99点取ってきたときにどうすべきか

子どもがテストで99点取ってきたときにどういう態度をとるかで、その子の将来が大きく変わります。 「見てみて!99点!」 「それよりお前、誰や?」 相手が赤の他人の子どもの場合、100人中100人が「それよりお前、誰や?」とたずねると思います。向こうにと…

細雪

谷川俊太郎の『細雪』という小説があります。舞台が大阪の船場なので大阪検定にもちょいちょい出てくるお話です。相方曰く「めちょんこまだるっこしい」文章で4人の姉妹、メグ、ジョー、ベス、エイミーの日常が繊細に描かれています。 レミオメロンの名曲『…

なぜ「万保」ではダメなのか

世の中は新しい元号「令和」で浮かれポンチとなっておりますが、今こそ私たちは「万保」に思いを馳せるべきではないかと思います。 「万保」とは今回、新元号の候補になりながらも選定されなかったものです。他にもいろいろ候補はあったのですが、特にこの「…