ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ぐわぐわした話題

ぐわぐわとした感じのお話です。

民主主義の限界

そろそろ民主主義の限界なのです。 突然、何を言い出すのかと思われるかもしれませんが、限界なんだから仕方がありません。民主主義とは「みんなのことは、みんなが話し合って決めること。」です。単に多数決で決めるのが民主主義ではありません。「話し合っ…

ザ・インターネット

♪ボインは〜、おとうちゃんのためにあるんやないんやで〜 という月亭可朝のネタを冒頭に書いたところで、英語のお勉強のお時間です。 中学校の英語の授業で習ったと思いますが、母音の前の "the" は「ジ」と発音します。 にも関わらず「ザ・インターネット」…

『麒麟がくる』が大変おもしろい

今年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』が大変おもしろいのです。 おもしろいといっても、 夢路いとし・喜味こいしの漫才のようなおもしろさではなく、じっくりと腰を据えて楽しむおもしろさといったらよいのでしょうか。明智光秀が主人公である以上、本能寺の変…

全裸の王様

昔々、それはそれはおしゃれ好きな王様がいました。 そんな王様に一人の仕立て屋がやってきました。 「私はとてもステキな服をご用意しました。ただ、この服は馬鹿には見えません。」 王様は馬鹿なのでもちろん服など見えません。しかし、服を着ているという…

冷静になろう、自分

Amazonで高額商品を買うことにしました。と言いましてもマスクではございません。トイレットペーパーでもございません。もちろんティシュペーパーでもございません。ティッシュペーパーと書く方が多いですが、正しくはティシュペーパーです。「ティッシュ」…

冷静になろう

み、み、皆の衆、とりあrずちょっと冷静になるずら。 学校が休校をするとか言い出してからというもの、どうにもこうにも世の中の雰囲気がおかしくなっておる。ウイルスがどうのこうの以前に、何がなんだかわからんが、あのタイムショックではないが、トイレ…

カツ丼の話

水間鉄道を運営しているグルメ杵屋の丼のお店「丼丼亭」の満腹カツ丼(赤だし付)です。ごはんは大盛り、そして、とんかつが5枚も入っています。とても美味しかったのですが、別に満腹カツ丼にしなくてもよかったかなと後悔していたりするのです。満腹では…

徳川綱吉

江戸幕府の第5代将軍、徳川綱吉の評価がここ数年、犬によって見直されています。「生類憐みの令」という動物を大切にしようという御触れを出したことをきっかけに、陰で「犬公方」と言われたりと散々だったのですが、実は「生類憐みの令」は素晴らしかったの…

ぎうぎう

満員の電車やバスに乗るのは大変ツラいものがあります。 しかし、もっとツラいのが満員の飛行機です。 私はちょいちょいフランスに行くのですが、直行便で12時間以上かかります。満員だとめっちょこツラいです。立ちっぱなしで足が棒のようになるし、つり革…

やっぱりバーミヤンはおかしい

こないだから考えているのですが、やはりバーミヤンはおかしい。 中華料理のお店だというのに、シルヴェスター・スタローン演じるランボーが怒りながら行ったアフガニスタンの都市がバーミヤンなのです。日本語が微妙におかしいのですが、なんとなく言いたい…

本能寺でよかった

大河ドラマ『麒麟がくる』がそこそこおもしろくてによによしています。ただし、ネタバレ覚悟で書いてしまいますが、最後は主人公の明智光秀が織田信長を本能寺で討ったものの、萬平さんは「中国大返し」でめちょんこ早く京都に戻ってきた豊臣秀吉にやられて…

大学センター試験

大学センター試験が始まりました。受験生の皆様におかれましては、鉛筆でぐりぐりとマークシートを塗りつぶす作業に勤しまれていることと思いますが、是非とも頑張って頂きたいと思います。頑張って塗らないといけませんので大変ですが、少なくともひとつ言…

「麒麟がくる」のあらすじを大胆予想する

タイトルのとおり、大河ドラマ「麒麟がくる」のあらすじを大胆予想してみました。 <あらすじ> 今や私たちの生活に欠かせないものとなった「インスタントラーメン」を生み出した夫婦の知られざる物語を描きます。 何度も失敗してはどん底から立ち上がる"敗…

野犬

最近、野犬を見なくなりました。 絶滅したらいけないので、野犬を保護せねばなりません。しかし、保護したらその時点で野犬ではなくなってしまうのではないかという新たな問題が発生します。 野良犬も同様です。最近、野良犬を見なくなりました。絶滅したら…

ぐわぐわ団の2020年大予想

年末なので来年の予想でもしてみようという実に安易な企画です。 今年も地球温暖化問題が話題となりました。しかしながら、私たちはちっとも二酸化炭素の排出量を減らすことができていません。来年はもっと地球温暖化問題を身近に考えなければならなくなるで…

ホワイトハッカーに憧れる

突然ですが、ホワイトハッカーに憧れるのです。 ホワイトハッカーというのは、めちょんこコンピュータやネットワークに詳しくて、しかもその知識を悪いことに使うのではなく、良いことに使うのです。 しかし、何を持って良し悪しを判断するのかと言われると…

メリークリスマス

みなさん、メリー。 うちの実家、お墓があるのでたぶん仏教だと思うのですが、どんな種類の仏教なのかさっぱりわかっていません。親に聞けばよいのかもしれませんが、わざわざうちの仏教の種類は何?と聞くのもへんてこな話です。スンニ派とかシーア派とか言…

記述式見送り その後は?

大学入試共通テストの新しい柱であった「記述式」の問題の導入が見送られることになりました。 英語の民間試験の導入も見送られ、次は一体何が見送られるのか、受験生は戦々恐々としております。これほどまでにいろいろなものが見送られている以上、マークシ…

シャンパンタワー

ホストクラブというところで豪勢なことをしようとするときにするのがシャンパンタワーだそうです。しかし、残念ながら私はホストクラブに実際に行ったこともなければ、スリムクラブを生で見たこともありません。M-1グランプリで他の演者が勢いで畳み掛けるよ…

差別はよくない

差別はよくないことです。これは誰もがご納得いただけることと思います。 人種によって差別されることはもちろん、出身地、外見、性別といった、自分ではどうすることもできないことで嫌がらせをされたり、いじめられたり、悪口を言われたりすることはあって…

スマホ事始め その3

何度お断りするんだと思われるかもしれませんが「スマホ事始め」です。「スマホ姫始め」ではありません。そして「スマホ姫始め」ではないことをお伝えした時点で、私の言いたいことは全て言い尽くしてしまっているので、ここから先は蛇足でしかありません。 …

内祝い

恥の多い生涯を送って来ました。 具体的にどういうことかというと「内祝い」とは何かを知らずに今まで生きてきたのです。ぶっちゃけ言いますと「内祝いって何やねん?」ということです。 調べてみると、お祝いをもらったお返しをすることだそうです。だいた…

武器

世の中にはいろいろな武器があります。 有名なところでいうと剣、槍、斧といったところでしょうか。 しかしながら、現代社会においてこのような武器は簡単に手に入りません。運良く手に入ったとしても重さが尋常ではなく、簡単に振り回せるわけではありませ…

バスケットボールの選手と言えば?

冗談のようですが、マイケル・ジョーダンしか思いつきません。 陸上選手と言えば、カール・ルイス、ベン・ジョンソン、そしてジョイナーです。派手な爪で有名になったのはジョイナーです。カール・ルイスではありません。ウサイン・ボルトは知っていますが、…

おやすみのさいごのひ

まとまったお休みが取れたので、ピューロランドに行ったりしました。そして、お休みの最後の日、この日は翌日からのお仕事の準備をしようとお休み前から意気込んでいたわけです。そしたら、最後の日の前の日から急に体調がすぐれない。簡単に言うと、風邪ひ…

学徒動員

東京オリンピックのボランティア。いろいろと言われていますが、中高生のボランティアは表向きは自主的に募集していると言いつつ、裏を返せば半強制的に申し込み用紙を書かされているんだとか。本当かどうかは知りません。ただ、ボランティアに参加しなけれ…

O・ヘンリーの”O”は何なのか

「賢者の贈り物」や「一枚の葉」で有名なO・ヘンリーですが、有名なのでぐわぐわ団ではちょいちょいネタにさせて頂いております。本当にやたらめったらO・ヘンリーのネタが出てきます。 たとえばこんなの。 われながらひどい漫画を描いています。もっとひど…

英語教育の問題を語る

なめたけだか、えのきだけだか知りませんが、大臣がきのこの名前を口走ったばっかりに、大学入学共通テストにおける英語の民間試験が延期されることになりました。 カタカナ語が大好きな文化人が「中学、高校と6年も勉強して英語が喋れないというのはどうい…

検察庁

みなさんは検察庁をご存知でしょうか。 警察とは違います。とりあえず何が違うのかを調べてみたのですが、わかりやすく説明するのが面倒なので、そのあたりは省略します。ご了承ください。 今回、ぐわぐわ団が目をつけたのが検察庁の「察」の字です。宀の下…

最低裁判所

日本には最高裁判所というハイクラスな裁判所があります。上品で洗練されたデザインに、快適性を追求した特別サービスでより豊かな裁判を実現するラグジュアリーな裁判所、それこそが最高裁判所です。地方裁判所、高等裁判所でも納得のいく判決がもらえない…