ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

もんにょりした話題

もんにょりする話をご用意しました。

体力を測る機械を開発する必要がある

先にお断りしておきますが私の心が狭いことを露呈するお話です。ご了承ください。 電車に乗っていたとき、ご老人の集団がどやどやっと入ってこられたのです。見るからにハイキング帰りで、遊んできて楽しかった感がびょんびょんしている感じで、お年を召して…

消費税、飽きた

この文章を書いているのは10月1日です。そう、今日から消費税が10%になりました。ニュースを見ていると、街の人の声だとか、お店の人の声だとか、そりゃあもうインタビューしまくりです。 「ややこしいですね。何度聞いてもよくわかりませんよ。」 「ポイン…

イートイン脱税に厳罰を!

昨今、世の中で話題になっている「イートイン脱税」に関するお話です。 本来、コンビニなどにおいて店内で飲食した場合は消費税は軽減税率が適用されず、税率は10%となります。しかし、店内での飲食を申し出せずに8%で消費税を支払った後に店内で飲食する…

麻薬犬2

ふたたび、麻薬犬の話です。麻薬犬とは正式には「麻薬探知犬」と言います。「麻薬犬」なんて言い回しは本来ありません。しかしながら、ここでは便宜上「麻薬犬」という呼称を使うことにします。「麻薬犬」で検索をかけたら上位になるようにSEO(”Search Engi…

麻薬犬

みなさんは「麻薬犬」をご存知でしょうか。正確に言うと「麻薬探知犬」です。犬は嗅覚がべらぼうに鋭いので、麻薬の匂いを嗅いで「こいつ、麻薬持ってるで!」と教えてくれる犬です。読んで損する楽しいブログだ何だと言って与太話を書いているだけのぼんく…

足を組む人

電車の中で足を組んでいる人をちょいちょい見かけます。 お行儀が悪いなぁと思ったり、何カッコつけとんねんと思ったり、とにかく見ていてもんにょりするのです。とはいえ、足を組んでいる人は何吹く風。スマホを片手に揚々としているのです。 どうして、電…

内閣改造をするたびに野党がうだうだと文句を言う

内閣改造が行われました。改造というと、なんとなく仮面ライダーを思い出し、かっちょよさを感じてしまうわけですが、実際のところはそんなにかっちょよいものではありません。仮面ライダーと言えば、仮面ライダー1号の本郷猛のIQは600でしたから、いろんな…

悪口を言ってはいけない

どれほど腹立たしくてイライラしていたとしても、悪口、すなわち"bad mouth"を言ってはいけません。 「やーい、おまえんち、おっばけやーしきー!」 なんて口が裂けても言ってはいけないのです。いくら丁寧に京ことばで「いややわぁ、おたくさんの家、ものの…

無駄な公共工事って何?

増税の前に、まずは無駄な公共工事をなくすべきだ!という意見をよく目にしますが、無駄な公共工事というのは具体的にどの公共工事を指すのでしょうか。 まさか、大阪府柏原市国分市場で建設を予定している、エドワード像のことではないでしょうね。 像単体…

見たいものだけを見る

自分にとって不都合なものに目を背けることはよいことなのか。 何だか文字にするとものすごくものすごいことのように見えますが、エドワード(右側の人物)のせいでどっちらけです。そして、私自身もどうでもよくなっています。 結論としては「見たいものだ…

大学入学共通テストの採点にアルバイトの大学生を使うことに関して

共通一次がセンター試験になったかと思えば、今度は大学入学共通テストに移行するそうです。国立大学が一期校、二期校で分かれていた頃が懐かしい。とはいえ、今の受験生に一期校、二期校と言ってもちんぷんかんぷんでしょうし、下手すると共通一次って何?…

老後の不安につけこむ悪い人がいる

老後は2000万円ないと人生が詰むという話がやたらと一人歩きをしてしまい、もはや2000万円ないとダメみたいなことになってしまっています。 では、計算をしてみましょう。 www.stat.go.jp 総務省統計局のサイトです。 65歳以上の高齢者(以下「高齢者」とい…

北朝鮮の核開発凍結で値上がりが期待される銘柄

トランプ政権が北朝鮮に対して「完全な非核化」ではなく「核開発の凍結」で非核化交渉の決着を図ろうとしているようです。 ということですので、冷凍庫が必要になります。しかも、めっちょこ大きいの。 となると、某業務用厨房機器メーカーに注目です。某業…

食品ロス疑惑

ロス疑惑というと、三浦知良……じゃなくて、三浦友和……でもなくて、三浦和義です。ややこしい。とにかく三浦が多すぎなのです。ハマの番長は三浦大輔ですし、「エキセー!エキセー!」なのは三浦大知です。神奈川県には三浦市もあります。市長は残念ながら三…

2000万円ないと詰む

2000万円ないと詰む。 細かいことは知りませんが、年金だけでは足らないので2000万円用意しましょうと金融庁が言い出して、与党が「選挙前に何言うてくれとんじゃボケ!」と怒り、野党は「2000万円足らへんってどういうことじゃボケ!」と怒り、国民は「2000…

防災行政無線が何を言っているのかさっぱりわからない

ピンポン……ピンポン……パン…………ここここちちちちらららわわわわらら……ぁぁぁっぁあっぁ……すいすいすぃぃぃぃぃ……けぃけぃけぃけぃ……さいさいさぃさい……ピンポン……パンポーン……ポーン…… 吹田市の千里丘交番で警察官が襲われて拳銃が奪われた事件。現時点ではま…

「#KuTuu」タグに思うこと

「#Kutuu」タグをご存知でしょうか。 職場でヒールの高いパンプスを履くように強要されて、足が痛くて、苦痛を感じている女性のためのタグです。 「仕事場ではヒールの高いパンプスを履くのは当然だろう!」とゴリゴリに凝り固まった頭で状況を改善しようと…

春の受勲

受勲のニュースを見るたびに「もしかして!?」と思ってしまうのですが、残念ながら未だ受勲には至っておりません。実に残念なことです。 とはいえ、勲章をもらえるのなら、やはり一番すごい勲章が欲しいというのが人間の欲というものではないでしょうか。 …

就職活動の思い出

おもむろに就職活動の話をします。 いつ頃の話かを書くと年齢がバレてしまいますので、とりあえず文久三年ぐらいの話だとお考えください。まだネットでの就職活動なんてのが広まっておらず、希望する会社にどかどかハガキを出すみたいなことをしていました。…

靴屋さんでのもんにょりとしたお話

巷でよくある「オレ様が絶対的に正しいからたっぷりと愚痴を言わせろ」ブログ記事を書きます。 靴屋さんに行ってきました。なかなかに素敵な靴があったのですが、残念ながら私の欲しいサイズがありません。 「サイズがない場合は店員にお声かけください」と…

元・お笑い芸人として活躍

街中を歩いていると、イベントのポスターが目に入りました。といっても物理的に目に入ったわけではなく、視界の中に入ったという比喩表現です。「元・お笑い芸人として活躍していたパフォーマーが登場!」みたいな感じの文章が書いてあって、ものすごくもん…

あいみつ

「あいみつ」という言葉をご存知でしょうか。 とんでもないことに、靉光(これで「あいみつ」と読みます)という洋画家がいたようです。しかし、本名は石村日郎。ざんねんながら本名ではありませんでした。 逆に、ペンネームだと思わせておいて実は本名だっ…

おぜぜは人を救う

「愛は地球を救う」というテレビ番組があります。番組の内容等々、賛否両論いろいろあるかと思いますが、私自身はいまいち興味が持てないので観ていません。 「愛は地球を救う」と言っているわりに、実際にはお金を集めて、お金でいろんな人を助けているわけ…

利益誘導できる政治家がエラい

時事ネタはあんまり好きではないのですが、今回はちょっとだけ。 細かいことはよく知りませんが、とりあえず副大臣が「私はものわかりがいいから忖度しちゃいました!」と、へなちょこなことを言って総スカンを食らって辞めちゃいました。私は総理と副総理に…

おっさんのえずき相談センター

おっさんのえずき相談センターのコールセンターには専門のスタッフ30,000人が24時間常駐して相談に応じる体制となっている。そして、今日もひっきりなしに電話が鳴り、止まる気配すらない。新人のオペレーターである江月悦子(えづきえつこ)は半年の研修を…

ごほうび

大人になると「ごほうび」がもらえなくなります。若人の希望を失わせるようなことを言ってしまったかもしれませんが、「ごほうび」がもらえる大人というのはごく一握りの人たちだけで、ほとんどの大人は「ごほうび」などもらえないのです。悲しいけれど、こ…

奈良都構想

大阪府に住んでいるので「大阪都構想」と無関係ではいられません。 何年か前に住民投票をするというので、わざわざ説明会に出向いて話を聞き、しっかりと自分の頭で考えた結果、「大阪都って言いにくいから大阪府で良い」という結論に至り、反対票を投じまし…

それが大事?

流行歌の歌詞にいちゃもんをつけていく、まるで人生幸朗・生恵幸子のぼやき漫才のようなことをしてしまおうという、大人気ないぐわぐわ団です。先日は「アスファルトに咲く花」に対して、一般社団法人日本アスファルト協会まで持ち出して、生物学的にアスフ…

アスファルトに咲く花

岡本真夜の「TOMORROW」という歌に「アスファルトに咲く花のように」というフレーズがあります。 都会の中で健気に咲く花という意味なのでしょうが、ちょっと落ち着いて考えてみましょう。アスファルトとは何なのかを。 www.askyo.jp 一般社団法人日本アスフ…

先生、おしっこ!

「先生、おしっこ!」 小学校でちょいちょい耳にするフレーズです。中学校でも耳にしないというわけではありませんし、高等学校や高等専門学校であっても、耳にする可能性はゼロではありません。もちろん、大学や大学校でもわずかな希望が残されています。 …