ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

もんにょりした話題

もんにょりする話をご用意しました。

食品ロス疑惑

ロス疑惑というと、三浦知良……じゃなくて、三浦友和……でもなくて、三浦和義です。ややこしい。とにかく三浦が多すぎなのです。ハマの番長は三浦大輔ですし、「エキセー!エキセー!」なのは三浦大知です。神奈川県には三浦市もあります。市長は残念ながら三…

2000万円ないと詰む

2000万円ないと詰む。 細かいことは知りませんが、年金だけでは足らないので2000万円用意しましょうと金融庁が言い出して、与党が「選挙前に何言うてくれとんじゃボケ!」と怒り、野党は「2000万円足らへんってどういうことじゃボケ!」と怒り、国民は「2000…

防災行政無線が何を言っているのかさっぱりわからない

ピンポン……ピンポン……パン…………ここここちちちちらららわわわわらら……ぁぁぁっぁあっぁ……すいすいすぃぃぃぃぃ……けぃけぃけぃけぃ……さいさいさぃさい……ピンポン……パンポーン……ポーン…… 吹田市の千里丘交番で警察官が襲われて拳銃が奪われた事件。現時点ではま…

「#KuTuu」タグに思うこと

「#Kutuu」タグをご存知でしょうか。 職場でヒールの高いパンプスを履くように強要されて、足が痛くて、苦痛を感じている女性のためのタグです。 「仕事場ではヒールの高いパンプスを履くのは当然だろう!」とゴリゴリに凝り固まった頭で状況を改善しようと…

春の受勲

受勲のニュースを見るたびに「もしかして!?」と思ってしまうのですが、残念ながら未だ受勲には至っておりません。実に残念なことです。 とはいえ、勲章をもらえるのなら、やはり一番すごい勲章が欲しいというのが人間の欲というものではないでしょうか。 …

就職活動の思い出

おもむろに就職活動の話をします。 いつ頃の話かを書くと年齢がバレてしまいますので、とりあえず文久三年ぐらいの話だとお考えください。まだネットでの就職活動なんてのが広まっておらず、希望する会社にどかどかハガキを出すみたいなことをしていました。…

靴屋さんでのもんにょりとしたお話

巷でよくある「オレ様が絶対的に正しいからたっぷりと愚痴を言わせろ」ブログ記事を書きます。 靴屋さんに行ってきました。なかなかに素敵な靴があったのですが、残念ながら私の欲しいサイズがありません。 「サイズがない場合は店員にお声かけください」と…

元・お笑い芸人として活躍

街中を歩いていると、イベントのポスターが目に入りました。といっても物理的に目に入ったわけではなく、視界の中に入ったという比喩表現です。「元・お笑い芸人として活躍していたパフォーマーが登場!」みたいな感じの文章が書いてあって、ものすごくもん…

あいみつ

「あいみつ」という言葉をご存知でしょうか。 とんでもないことに、靉光(これで「あいみつ」と読みます)という洋画家がいたようです。しかし、本名は石村日郎。ざんねんながら本名ではありませんでした。 逆に、ペンネームだと思わせておいて実は本名だっ…

おぜぜは人を救う

「愛は地球を救う」というテレビ番組があります。番組の内容等々、賛否両論いろいろあるかと思いますが、私自身はいまいち興味が持てないので観ていません。 「愛は地球を救う」と言っているわりに、実際にはお金を集めて、お金でいろんな人を助けているわけ…

利益誘導できる政治家がエラい

時事ネタはあんまり好きではないのですが、今回はちょっとだけ。 細かいことはよく知りませんが、とりあえず副大臣が「私はものわかりがいいから忖度しちゃいました!」と、へなちょこなことを言って総スカンを食らって辞めちゃいました。私は総理と副総理に…

おっさんのえずき相談センター

おっさんのえずき相談センターのコールセンターには専門のスタッフ30,000人が24時間常駐して相談に応じる体制となっている。そして、今日もひっきりなしに電話が鳴り、止まる気配すらない。新人のオペレーターである江月悦子(えづきえつこ)は半年の研修を…

ごほうび

大人になると「ごほうび」がもらえなくなります。若人の希望を失わせるようなことを言ってしまったかもしれませんが、「ごほうび」がもらえる大人というのはごく一握りの人たちだけで、ほとんどの大人は「ごほうび」などもらえないのです。悲しいけれど、こ…

奈良都構想

大阪府に住んでいるので「大阪都構想」と無関係ではいられません。 何年か前に住民投票をするというので、わざわざ説明会に出向いて話を聞き、しっかりと自分の頭で考えた結果、「大阪都って言いにくいから大阪府で良い」という結論に至り、反対票を投じまし…

それが大事?

流行歌の歌詞にいちゃもんをつけていく、まるで人生幸朗・生恵幸子のぼやき漫才のようなことをしてしまおうという、大人気ないぐわぐわ団です。先日は「アスファルトに咲く花」に対して、一般社団法人日本アスファルト協会まで持ち出して、生物学的にアスフ…

アスファルトに咲く花

岡本真夜の「TOMORROW」という歌に「アスファルトに咲く花のように」というフレーズがあります。 都会の中で健気に咲く花という意味なのでしょうが、ちょっと落ち着いて考えてみましょう。アスファルトとは何なのかを。 www.askyo.jp 一般社団法人日本アスフ…

先生、おしっこ!

「先生、おしっこ!」 小学校でちょいちょい耳にするフレーズです。中学校でも耳にしないというわけではありませんし、高等学校や高等専門学校であっても、耳にする可能性はゼロではありません。もちろん、大学や大学校でもわずかな希望が残されています。 …

びっくりするぐらいにくだらない話

びっくりするぐらいにくだらない話をします。 うっかりして、近鉄百貨店のトイレの個室に傘を忘れたんです。トイレから出て、しばらく歩いてから傘を持っていないことに気が付いたので、戻ったのです。 そしたら、誰かが個室に入っているわけです。仕方がな…

判決を言い渡す

ぼんやりとニュースを見ていると、悪いことをした人がたくさん出てきます。 事件が起きて、犯人が逮捕されて、それでおしまいみたいな気がしますが、ちっともおしまいではありません。逮捕されたあと、裁判があって、判決が出て、犯罪に応じて刑が執行される…

イラっとくる言葉

「キミは僕の爪の垢でも煎じて飲めばいいんじゃないかな?」 たぶん、言われたらイラっとくる言葉の一号生筆頭・剣桃太郎じゃなかろうかと思われるフレーズをいろいろと考えてみようと思います。 「言われたことをするぐらいなら誰でもできるんだ。自分で考…

この殺伐とした世界に一輪の花を

この世界は殺伐としています。どのくらい殺伐としているのかというと、X JAPANのライブでYOSHIKIがピアノを弾いている間、他のメンバーが手持ち無沙汰になってぼーっと突っ立っている状態が延々と続いてしまうぐらいに殺伐としているというか、オーケストラ…

腕時計が欲しくなる

先日、このような記事を書きました。 www.gw2.biz ざっくり下劣な感じでまとめてしまうと「腕時計の価格でマウンティングしてんじゃねえよ」という記事です。 たのしくいきたい子さんのコメントをご覧ください。 腕時計の価格でマウンティング合戦 - ぐわぐ…

かなしいお知らせ

新年早々ではありますが、みなさんにかなしいお知らせがあります。 上野動物園の象、ジョン、トンキー、ワンリーが死んでしまいました。3頭とも戦争の犠牲となり、エサを与えられずに餓死してしまいました。とてもかなしいことです。 このお話は「かわいそ…

この前見た夢の話

人の夢の話ほど、つまらないものはありません。 にも関わらず、大みそかだというのに、この前私が見た夢の話をします。 全然違う話ですが、写真に写っているのはクリスマスのときにセブンイレブンで買ったサンタさんのケーキです。とても美味しゅうございま…

一生懸命なんて勘弁してください

ちょいちょい目にする「一生懸命」という言葉。ぶっちゃけ大嫌いなんですが、「一生懸命」に価値を見出す人はたくさんいます。結果も大切だけど、一生懸命することが何より大切だと言う人もいます。「一生懸命頑張りましたが失敗しました!でも、一生懸命頑…

8Kを実際に観てきました

この記事がぐわぐわ団に掲載されるのは29日ですが、書いているのは12月24日の月曜日です。昨日掲載した記事に書いてあるのですが、NHKに行ってきました。 そこで8Kの映像を観てきました。ものすごく綺麗でした。 それはそれとしまして、帰りにバスに乗って…

なんでもかんでもギネスに挑戦しすぎ

タイトルのまんまです。なんでもかんでもギネスに挑戦しすぎです。 そもそも、ギネスというのはビールのことです。会社の中で「ビールを飲みながら与太話をするのにちょうどいい話のネタを本にしよう!」という声が出てきたのをギネスの社長が「それええやん…

自宅ですっぽん鍋を楽しむための方法

12月になって、急に寒くなりました。温かいものが食べたくなります。そこで、温かい食べものの代名詞である「すっぽん鍋」を自宅で楽しむための方法をご紹介したいと思います。 とはいえ、すっぽんを家で捌いて鍋にするなんてのは、なかなかできることではあ…

ギャンギャン怒鳴りつけて叱り飛ばす人の心理について

2歳かそこらの子どもに対して、ヒステリックなまでにギャンギャン怒鳴りつけて叱り飛ばす母親の姿を見て、久しぶりにもんにょりとしました。 育児が大変なのは重々承知しています。私も姪っ子ちゃんと遊ぶと一日でへちょんへちょんになります。いろいろとス…

ぐわぐわ団が贈る、2018年ベスト・モンテ・クリスト伯大賞は?

ついに12月になってしまいました。12月になると、プロブロガーの方たちがこぞって「2018年のベスト◯◯◯」みたいなタイトルでやたらめったら2018年を振り返りたがります。もちろん、ぐわぐわ団もその波に乗り遅れるわけにはいかないのです。 突然わけのわから…