ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

【異種格闘技戦】囲碁 vs 将棋

先のお断りしておきますが、囲碁と将棋、どっちがおもしろいの?というような話ではありません。本当に囲碁と将棋で戦った場合にどちらが勝つかを真剣に考えようという試みです。大の大人がするこっちゃありません。

まず、囲碁は碁石が武器となります。碁石は碁盤の目が埋まるまで無尽蔵に用意されています。物量作戦では圧倒的に有利です。しかし、碁石は一度置くと動くことができません。しかも、四方を囲まれると取られてしまうという弱点もあります。

将棋の駒は自分から動くことができます。ただし、歩を縦に2枚並べて置くと二歩で負けとなってしまいますし、王将を取られたら負けてしまいます。碁石はどれだけ相手にとられても、即座に負けになるわけではありません。

このように考えると、動けないとはいえ好きな場所に盤面が埋まるまで置き続けることができる囲碁のほうが圧倒的に有利であることがわかります。

ルールなき戦いにおいて、どのように勝敗をつけるのか。これは、相手に対して圧倒的な力の差を見せつけることでしか終わりません。完膚なきまでに叩き潰す。絶対に勝てないと思い知らせるのです。

では、囲碁と将棋、ルールなき戦いにおいて、どのような結末となるのか。シミュレートしてみましょう。まず、囲碁側が碁石を置きます。将棋側は駒を一つ動かします。囲碁側は碁石を置きます。将棋側は駒を一つ動かします。囲碁側が碁石を置きます。将棋側は駒を一つ動かします。これを延々と繰り返します。すると、どうなるでしょうか。

おわかりかと思いますが、盤面は碁石で溢れかえることになります。そして、将棋の駒は一歩も動けなくなります。この時点で囲碁の勝ちです。圧倒的な数の力で囲碁が押し切ることになるのです。

将棋ファンのみなさまにとっては衝撃が走ったと思います。まさか、囲碁に負けるとはと思われたかもしれません。しかし、これは事実です。ファクトです。抗うことはできません。無念でしょうが、この負けをしかと心に刻み、次はオセロとの戦いに挑みましょう。合掌。

 

© 2016 ぐわぐわ団