ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

マーケティングを学ぶ

今日はカレーを作ります。

このカレールー、めっちょこ美味しそうだったんです。辛いカレーは相方が食べられません。私も以前と比べて辛さが苦手になりつつあります。かといって、甘口のカレーは子ども向けみたいな感じで、若干もんにょりしていたんですね。そんな折、スーパーで発見したのがコレ「カレー絶品」です。大人のための甘口、今までありそうでなかったコンセプトだったので、飛びついてしまいました。

ドリルを売るには穴を売れ

ドリルを売るには穴を売れ

 

ついさっき読了したこの本。マーケティングとは何か?が、わかりやすく書かれています。モノを売るということに対してどのように取り組めばいいのか、何も難しいことはなくて、簡単に言うと買い手の目線で考えるということです。

ただし、買い手といってもいろんな人がいますし、万人受けするようなモノは逆に特徴がなくなってしまって、誰も買ってくれなかったりするのです。

そんなわけで「辛いカレーが食べられない大人」というニッチな部分に切り込んできた「カレー絶品」がすごいなぁと思ったのです。単に甘口なカレールーならたくさんありますが、大人向けなラグジュアリー感を前面に押し出すことで「大人なのに甘口を食べる」という若干のやるせなさを、あえて甘口を食べるという前向きな気持ちに変えてくれるのです。単に安いとか美味しいという価値だけではなく、プラスアルファの価値が商品を売るためには大切というわけです。

というわけで、ぐわぐわ団でも甘口カレーを売るのにどうすればよいのか考えました。大人向けでラグジュアリーなカレーは「絶品カレー」がありますので、もっとニッチなセグメント向けの商品として「ありがたい大仏カレー」はどうでしょうか。

大仏を見るとありがたいと思う人は多いと思います。そして、そんな人向けに甘口カレーを販売すれば、ありがたいと思って買ってくれると思うのです。安いとか美味しいという価値だけではなく、ありがたいという価値を加えることで、他のカレーとは差別化をはかることができるのです。

とりあえず、頑張りましょう。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団