ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ハリルホジッチ監督解任についての考察

サッカー日本代表の監督、ハリルホジッチが解任されました。ワールドカップまであと2ヶ月という大事な時期なのに、です。

いろいろな人がハリルホジッチ監督解任に関して記事を書かれているので、私もいっちょ噛みしたくなったのが本音のところなのですが、困ったことに私は「ワールドカップまであと2ヶ月」ということを「ハリルホジッチ監督解任」のニュースで知ったほどのサッカー通なのです。もっと言うと、ハリルホジッチ監督って誰?というレベルでサッカーに詳しいのです。

外国人がええならアルシンドでええやんと思うのですが、それはアルシンドに対して失礼極まりない。アルシンドもヒマではないのです。ただ、アデランスのCMにも快く出演してくれたアルシンドなら、日本代表の監督を引き受けてくれるのではないかと思うのです。思うだけです。

そもそも論として、11人選手がいるわけですから、ゴールキーパー以外の10人でだんごになってボールを囲めば、よほどのことがない限りボールを取られることはありませんし、10人が言葉の通り一丸となって相手ゴールに押し寄せれば、点数を取るのも簡単じゃないかと思うのです。

この戦法で戦うのであれば、サッカー選手よりもむしろ相撲取りのほうが圧力が強くて負けないはずです。日本相撲協会もワールドカップのためとあれば喜んで協力してくれることでしょう。引退をした力士に声をかけてもよいのです。朝青龍など足を骨折していたにもかかわらず、母国でサッカーの試合に出場していたのですから、ワールドカップにうってつけと言わざるを得ません。

そして、監督が誰であれ、私の望みはただひとつです。カズをワールドカップに出場させてあげてください。岡田監督が日本代表にカズをはずしたことを私はいまだに根に持っています。試合に勝つとか負けるとか以前の問題として、カズを日本代表に入れずしてどうするのかと。あの人のおかげで今の日本のサッカーがあるのです。

その恩義を忘れて、日本代表からはずしちゃったもんだから、当の本人も引退するタイミング逃しちゃってまぁ、大変なことです。ハリルホジッチ監督ではカズを日本代表にするという侘び寂びを理解することはできなかったと思いますので、ここはひとつ、監督はホント誰でもいいので侘び寂びを理解できる人を監督にすべきではないかと思うのです。

朝青龍とカズがコンビを組んで、ブラジル相手にバンバンゴールを決める姿を想像してみてください。日本中の誰もがニヨニヨする、最高のワールドカップです。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団