ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

朝の通勤ラッシュはものすごくストレスです

noikaさんのブログの記事「朝の通勤ラッシュってストレスですよね。少し楽になる...かも!?」を読みまして、すごく良い事が書かれてあったのでご紹介。この記事で書かれている結論は……

「できるだけ空いている車両に乗る」

なんです。言われてみると「そりゃそうだ!」なんですが、意外と気がつかないんですよね。階段から近いとか、ついつい効率ばっかり考えてしまって一番良い方法を見逃していたりするのです。イラストで「ストレス源から離れるのも大切」って書かれているのですが、まさにその通り!わざわざ混んでいる車両に乗らなくてもいいんです。時間が許すのであれば一本前の電車に乗るとか、いろいろと方法があると思います。ストレス源から離れるって、ものすごく大切な事ですよね。

というわけで、もう少し踏み込んで、もっとストレスのない通勤はできないものだろうかと考えてみます。おわかりかと思いますが、ここから先はぐわぐわ団の真骨頂である与太話です。役に立たない事この上ないのでライフハックを期待しないでください。

そもそも、通勤の際に何がストレスかと言うと、立って、歩いて、電車に乗って、というのがストレスなのです。これらは全部ストレス源なので、なんとかして離れようと思ったところ、行き着いた結論が……

霊柩車に乗る、でした。寝ながら通勤するためには寝台のある自動車に乗るしかありません。しかし、日本の交通法規では医療用以外、寝台のある自動車は認められていません。危ないですからね。というわけで、霊柩車に乗って通勤するしか方法がないと考えました。ただし、霊柩車は生きていると寝ながら乗ることはできません。生きることそのものがストレス源ですので、この際、お亡くなりになったうえで、大手を振って大っぴらに寝ながら霊柩車に乗って出勤しましょう。そうすればストレスなく、会社に行くことができます。もちろん、息の根が止まっているわけですから、仕事をする必要もありません。仕事をするのもストレス源ですから、至れり尽くせりの一石二鳥です。

定時になったら退社します。出棺とも言います。クラクションを鳴らしてもらって、お別れです。帰りも寝ながらですのでストレスはありません。素晴らしいことです。

この霊柩車通勤で唯一困ったことと言えば、周りの人に「縁起が悪い」と言われて親指を隠されてしまうことでしょうか。これはちょっとストレスかもしれません。

実に不謹慎な話になってしまいましたが、ストレスのない通勤を目指しましょう。合掌。

▼noikaさんの、イラストがかわいい素敵ブログはこちら!▼

noika.hatenablog.jp

© 2016 ぐわぐわ団