ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

センチュリーとは何か?

トヨタの「センチュリー」が21年ぶりにフルモデルチェンジしました。

上の絵を見ても、なんのことだかさっぱりわからないと思いますので説明をしますと、いわゆるフェラーリのようなスポーツカーとは対極をなす、ショーファードリブンと言われる車です。

もっとわかりやすく言うと、社長さんの乗る車です。

toyota.jp

お抱えの運転手さんがいて、自分は後部座席で踏ん反り返ってドンペリを飲みながら、愛人のマンションに行く……と書くと、めっちょこ印象が悪いですね。ついつい卑屈になって想像してしまいましたが、自分でセンチュリーを運転して、スーパー玉出まで買い物に行くなんてことをしてはいけないのです。運転手さんに運転してもらって、高島屋に行く……というのも、微妙ですね。本当のお金持ちなら、買い物に行かずとも外商さんが「こちらがフランク三浦の新作です。」と、貴重なものを持ってきてくれるのです。

接待のために船場吉兆にセンチュリーで乗り付けるというのであれば、なんとなく使い方としては正解なような気がします。

メーカー希望小売価格は税込で19,600,000円、そして北海道地区だけ19,629,160円です。北海道だけ29,160円も高いのです。北海道の方は「どうして29,160円も高いんだ!」と憤慨して、トヨタに抗議をすべきかと思いますが、そもそもセンチュリーを買う人が29,160円ぐらいでガタガタ言わないのでしょう。でも、29,160円あれば豚しゃぶ食べ放題に何回行くことができるでしょうか!

このように、センチュリーとはものすごくものすごい車なので、お値段もすごくて、なかなか手に届かない車のように思いますが、中古車市場に目を向けると、旧モデルのセンチュリーなら100万円以下で買うこともできます。「中古車 トヨタ センチュリー」で検索してみてください。そして、メルカリで検索するとセンチュリーのカタログが出品されています。

ちなみに、新しいモデルのセンチュリーの燃費ですが、

エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド専用車で、燃費を1リットルあたり13・6キロ・メートルと、従来型の2倍近くに向上させた。

ものすごくよくなったように書かれていますが、ハイブリッドなのにリッター13.6キロです。ガソリン代を気にする人が乗る車ではないことは確かです。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団