ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

E・A・T を大切にしよう

Googleは「E・A・T」を重視しているようです。「E・A・T」とは3つの単語の頭文字を集めたもので、

Expertise:専門性

Authoritativeness:権威性

TrustWorthiness:信頼性

つまり、これらがしっかりしているWebサイトを検索の上に並べるよ、ということです。

これは実にありがたいことです。ウソばっかりのでたらめだらけ、頭のネジが全部抜けたようなぼんくらな記事を書いているブログなど、検索で引っかかっても困るのです。『ぐわぐわ団』というブログなどはその本家本元、先駆者といえるでしょう。

例えば、アメリカに行きたいな〜と思った時、検索をして『ぐわぐわ団』などというブログが出てきたらがっかりするでしょう。

有罪判決を受けた人 | 在日米国大使館・領事館

在米米国大使館・領事館のサイトのようなしっかりしたサイトがすぐに出てくるほうがありがたいのです。上のリンクには、過去に逮捕歴があったり、有罪判決を受けた人がアメリカに行くためにはどうすればよいのかがきちんと説明されています。

逮捕されたことがある人がビザなしでアメリカに行くことができるのかどうかという問いに対して、このように丁寧に回答が書かれています。

いいえ。逮捕歴がある場合は、ビザ無しで渡米することはできません。あなたの渡米資格を判断するためには、ビザの申請が必要です。ビザ申請の際には、判決謄本・裁判記録・またはあなたの犯罪歴に関しての関連書類を全て提出しなければなりません。日本語の書類には英訳文が必要です。

しれっと「日本語の書類には英訳文が必要です。」と恐ろしいことが書かれています。つまり、犯罪歴に関しての関連書類を全て英語に翻訳して提出しなさいということです。インドの有名人ガンジーは「人間には存在すること自体の中に罪深さが含まれている」と考えました。存在すること自体が罪なのです。こんな難しい問いを日本語ではなく英語で書かねばならぬというのです。めっちょこディフィカルトです。合掌。