ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

エレベーターから出る人が閉ボタンを押しながら出る行為について

エレベーターから出る人が、気をつかっていただいているのか、閉ボタンを押しながら出ていく行為をちょいちょいと見かけます。

IMG

エレベーターの中に残っている私からすれば「いらんことをせんでもええのに……」と思うのです。というのも、身体はエレベーターの外に出ているものの、腕はエレベーターの中にあるため、扉にあるセンサーに引っかかるんです。ぶっちゃけて言ってしまうと、意味がない。

エレベーターに出る人は、後ろを振り向いたりしませんから、閉ボタンを押して気を使ったと満足されているようですが、閉ボタンを押したにも関わらず、一向に閉まる気配のない扉を見て、残された私はもんにょりするのです。

実にしょうもないことですし、人のご好意を無下にするようなことですから、わざわざ話題にすることでもありませんが、なんとなくもんにょりする話ですので、ここでちょこっと書き記しておこうと思った次第です。

<追記>

三菱電気のエレベーターのサイトを見ていたら、センサーに関して書かれてあったのですが、びっくりするほどたくさんのセンサーが搭載されているような感じで、腕が扉にかかっていたら、そりゃあ扉が開いちゃいますね、という感じになっています。

三菱電機 エレベーター マルチビームドアセンサ

ということで、無理に閉ボタンを押す必要はありません。早く扉を閉めたいなと思ったら、中の人が閉ボタンを押しましょうね。

© 2016 ぐわぐわ団