ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

アナルカメラ再び

アナルカメラとは、KBS京都のラジオ番組「はいぱぁナイト」火曜日の名物コーナー・おおすごいものダイジェストで長らく横綱の座に君臨していたネタです。何のことかと言うと、大腸内視鏡検査のことです。カメラを下から突っ込んで中を見るという、極めて他愛のない話です。

5年ほど前に一度体験したことがあるのですが、また検査しないといけなくなってしまいました。これがやたらと大変なのです。「池の水ぜんぶ抜く」というテレビ東京の名物番組がありますが、似たようなことを人体でしないといけません。

何をするのかと言うと、こんなものを飲みます。

経口腸管洗浄剤モビプレップです。その名の通り、腸の中をきれいにするお薬です。2リットルあります。これを全部飲まねばいけません。やたらと味の濃いスポーツ飲料のような味がします。最初のほうは「なんだ、こんなの楽勝じゃないか。」と思ってぐいぐい飲めるのですが、だんだんしんどくなります。実際、今、文章を書きながら10分ごとにコップに注いでは飲んで「ぐわー」となっているところです。

3日前から食事制限もあります。わかめ、昆布、しいたけ、えのき、しめじ、ふき、ごぼう、にんじん、もやし、ピーマン、玉ねぎ、キャベツ、キウイ、すいか、ぶどう、いちご、みかん、ごま、ピーナッツ、こんにゃく、玄米、グラノーラ、雑穀米、麦ごはんを避けるようにと言われました。何を食べたらよいのやら。

ちなみに、2日前の夕食は天下一品でラーメンを食べました。

前日は、検査食となります。

大腸内視鏡専用検査食というものがこの世には存在するのです。

お仕事に行かねばいけなかった都合もあり、朝食に野菜のクリーム煮とクラッカーを、昼食はすうどん、そして夕食に大根のそぼろ煮、鶏雑炊をいただきました。

こういうのって薄味で不味いみたいなイメージがありますけれど、味はしっかりとついていてそこそこ美味しかったです。ただし、毎日コレとか言われると心が拒絶する。

というわけで、今もなお経口腸管洗浄剤モビプレップと格闘中です。ぐわー。合掌。

© 2016 ぐわぐわ団