ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

『世界一ゆるいいきもの図鑑』を読みました

世界中には150万種のいきものがいます。そのたくさんのいきものの中から、選りすぐりの「ゆるい」いきものばっかり集めた本がこちらになります。

砂のもふもふまんじゅう・サバクキンモグラを筆頭に、ずらずらずらっとゆるいいきものが紹介されています。その中でも、私にとってナマケモノは憧れの存在ですから、きちんと紹介されていて満足です。

1日15時間睡眠、ほ乳類なのに変温、筋肉がないから地面に降りるとまともに動けない、顔の筋肉すらほとんどないのでぼにゃんとした表情をしている。動きはとってもスローモー。どうして、こんな生物が今までずっと絶滅せずにいられたのか不思議でならないのですが、食べものは1日葉っぱ8グラムでいいとか、とにかくエコロジーを貫き通して生きてきたようです。

この本で知ったのですが、意外と天敵も多いようで、鷲には主食レベルで食べられているそうです。まぁ、見つかったらおしまいですからね。

ナマケモノを取り上げてみましたが、ゆるい動物というのは他にもたくさんいるようです。人間はせっせこ働いて、なんかもう意識高く努力しまくらないとダメ!みたいな世の中になっちゃってますが、周りを見渡してみると、そんなん人間だけじゃないかと。生命体レベルで考えたら、素敵な生き方をしているいきものがめっちょこいるやん?と気付かせてくれる本ではないかと思うのです。

酒飲みまくりのいきものもいるそうです。びっくりします。名前も「ハネオツパイ」だそうで、なんかもう生きているだけで丸もうけみたいないきものじゃないかと思いました。よくわかりませんが、とにかくそういうことです。

残念なのは、世界一とうたっているのに、キングオブキングゆるいいきものが掲載されていないことです。

はい、ごみちゃんです。基本、おふとんの上で暮らしています。家の近くのセブンイレブンに行くのに一日半かかります。一日中べよべよと過ごしていますが、時に厳しいツッコミを入れたりします。そんなごみちゃん、残念ながら『世界一ゆるいいきもの図鑑』には掲載されていません。続編が出るのであれば、ぜひ取り上げて頂きたいと思います。

世界一ゆるい いきもの図鑑

世界一ゆるい いきもの図鑑

 

それはそうと、せっかくなので、この『世界一ゆるいいきもの図鑑』先着2名の方にプレゼント致します。お問い合わせから、私あてに連絡をください。追って、こちらからご連絡を差し上げます。

応募は終了致しました。たくさんのご応募、ありがとうございました。合掌。

▼ごみちゃん専用のしんかんせんの記事はこちら▼

gwgw.hatenablog.com

© 2016 ぐわぐわ団