ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

スーパー301条とは何か?

アメリカのトランプ大統領がまた何かやらかしまして「中国と貿易戦争じゃ!」みたいな物騒なことになっております。500億ドル相当の中国の製品に関税をかけるとかなんとか。500億ドルぐらいなら私のポケットマネーでなんとでもなるはした金ですので大騒ぎするようなことでもありませんが、ニュースの中で「スーパー301条」がどうのこうのと言われていますので、今回はスーパー301条とは何かについて書きたいと思います。

もともとは301条だったのですが、すごくなったのでスーパーがついたのです。マリオブラザーズがすごくなって、スーパーマリオブラザーズになったことは大変有名な話ですが、似たようなものだとお考えください。

もっとすごくなると、ハイパー301条になる可能性も否定できません。オリンピックがゲームになったとき、ハイパーオリンピックになったことは誰もが知るところだと思います。ハイパーショットというボタンが2つしかない専用コントローラーで、がむしゃらに連打しまくるという、ある種狂ったゲームでした。爪でこするほうが早いと言って爪がなくなるまでこする者が現れたり、鉄のモノサシで震わせるほうが早いと言って道具に頼る者が現れたり、ホリ電機のトラックボールをハイパーオリンピックのためだけに買う者が現れたり、まるで人類の進化の縮図のようです。

もちろん、全て間違いです。

スーパー301条とは、スーパー玉出みたいなもんです。これまたとんでもないことに、スーパー玉出がでイセ食品に身売りされることになったそうです。

きっちりと書くと、激安スーパーとして知られるスーパー玉出を展開する「玉出ホールディングス」が、主力のスーパー事業を鶏卵生産大手・イセ食品系企業に売却する方針を固めたことが15日分かった、ということです。

このニュースを聞いて驚いたのが「玉出ホールディングス」という持株会社があるということです。いろいろなホールディングスがありますが、ここまでしっくりこない感じのホールディングスも珍しいと思います。

そして、誠に申し訳ありませんが、いろいろと間違っています。どこで何が間違っているのかを指摘するのも大変なので、全部間違っていることにします。よろしくお願い申し上げます。合掌。 

© 2016 ぐわぐわ団