ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ぐわぐわした話題

ぐわぐわとした感じのお話です。

リバースチャージ方式

牛乳をたらふく飲んで大リバース! 『水曜どうでしょう』をご存知の方なら一度は目にしたことのある「対決列島」の有名なシーンです。他にも『水曜どうでしょう』では出演者がリバースする様子がちょいちょい映し出されたりするわけですが、今回の話はそのリ…

龍馬タタキ

まずはこちらをご覧ください。 私の家の近くの居酒屋で見つけたのぼり旗です。 世の中、いろいろな人がバッシングを受けてどっかんばっかん叩かれていますが、ついに故人へのバッシングも始まったのかと思うと実にうんざりとします。坂本が一体何をしたとい…

ノリスケのリスケ

みなさんは「リスケ」という言葉をご存知でしょうか。 正解は「リスケジュール」です。とはいえ、リスケジュールと言ってもピンと来ません。 「きみぃ、ちょっと急に用事が入ってね、あの用事はリスケしといてくれたまえ。」 「そんなもん、自分でせぇよ。」…

日本カー・オブ・ザ・嫌

タイトルを見ておわかりかと思いますが、こういうのを「出オチ」といいます。 車に関してとやかく言うのは徳大寺有恒さんの専売特許だと思っていたのですが、お亡くなりになってしまい、もはや車に関してとやかく言える人はいないのではないかと危惧しており…

かみかみニュース

こんばんわ、懺悔の時間です。じゃなくて、ニュースの時間です。 NHKでは午後8時45分から15分間、地域のニュースをしています。私は大阪に住んでいますので、NHK大阪制作のニュース番組を見ることになります。私はこのニュースが大好きで、ほぼ毎日このロー…

ご案内

背景 時価ますますご静聴のこととお慶び申し上げます。 兵装は核別のお引き立てを賜り、熱く温冷申し上げます。 これでいっぱいいっぱいです。 「はいけい」は背景だけではなく、廃鶏も候補として表示されます。ご存知でしょうか、廃鶏。養鶏において、採卵…

風化させてはいけない

となりのお墓の前で泣かないでくださいという歌が大好きです。あの歌は風になって大きな空を吹きわたるわけですが、なんでもかんでも風になったらいいというわけではありません。どちらかというと、風になったら困ることも多いのです。 私たちの記憶というの…

『仮面ライダー1号』を観ました

Amazonプライムで『仮面ライダー1号』を観ました。 仮面ライダー1号 発売日: 2016/07/20 メディア: Amazonビデオ この商品を含むブログ (2件) を見る ネタバレもへったくれもないと思うので好き勝手に書きますが、藤岡弘、が演じる仮面ライダー1号、本郷…

新陳代謝について

「新陳代謝」と口に出して言ってみてください。「ちんちん大破」に聞こえませんか? ……最低な書き出しで始まりましたが、みなさんこんばんわ。ぐわぐわ団は好き勝手なことを書いているようですが、実はいろいろと考えたうえで書いているのです。下ネタも時折…

何でもかんでも証人喚問してしまえばよいと思います

野党はなにかと証人喚問を要求して、証人を国会によびつけます。証人カモン!ってぐらいに軽いノリで、とにかくなにかにつけ、証人を喚問しようとするのです。 もちろん、私を証人として喚問いただけるのであれば万障繰り合わせて国会へ行かせて頂きたいと思…

貧乏とはどのようなものか

貧乏、実にイヤな言葉です。 イヤな言葉ですが、この際しっかりと貧乏について考えたいと思います。 考えたいと思いましたが、やっぱり考えないことにします。 貧乏について考えない代わりに、こないだから読んでいる本にイライラしているので、そのことにつ…

「わろてんか」のラストを予想する

オーケストラと包茎ストーカーの音が若干似ていることに気付きました。最低な書き出しで始まりました本日のぐわぐわ団、いつもの如く与太話でございます。貴殿におかれましては、ますますご健勝のことと存じます。平素は格別のお引き立てをいただき厚く御礼…

米朝会談について

まずはこちらをご覧ください。 朝、NHKのニュースを見ていたらデーモン閣下のご尊顔がどかーん。そして、テロップは「大相撲」。好角家として知られるデーモン閣下がもうすぐ春場所が始まる時期に何かしらのお言葉を発せられることには特に何の違和感もな…

愛車の写真を大公開

ロースハムみたいなロールスロイスの写真。 もはや、何がなんだかわかりませんが、ロールスロイス社から訴状が届いた時点でこの記事は削除します。逆に言うと、ロールスロイス社から何らかのアクションがなければ、この記事は削除しないということにもなりま…

超レア

ヒマつぶしに『逆転オセロニア』というゲームをしてたりするというのは、以前ブログで書いたとおりです。ほとんど課金もしていないのに、そこそこ遊べるので「これで本当に儲かるの?」と思ってしまうぐらいです。スマホのゲームというと、何をするにしても…

冷暗所に保存

なんかね、2045年にシンギュラリティ(技術的特異点)を迎えて、お金もいらない素敵な世の中になると信じて疑わない私に、シンギュラリティは来ない!という人が目の前に現れたのです。人が目の前に現れたというか、そういう人が書いた本が目の前にあるので…

大岡H前

大岡H前をご存知でしょうか。 ある子どもの母親を名乗る女性が二人現れます。二人とも「私がこの子の母親だ!」と譲りません。とうとう大岡H前のいる奉行所でお裁きをすることになりました。 大岡H前は滔々と語り出しました。 「昔々、とある温泉に慰安旅…

985テスラ

東京大学の物性研究所で、985テスラの強力な磁場を発生させることに成功しました。 ISSP - 世界最高磁場の大幅記録更新985テスラを達成 −電磁濃縮法により、物性測定に実用可能な超強磁場を発生− 詳しくは上の記事をご覧ください。ものすごくものすごいので…

「ヴァン クリーフ&アーベル」の新作ネックレス

家庭画報3月号を眺めていたら「ヴァン クリーフ&アーベル」の新作ネックレスが195ページに載っていました。ジッパーをかたどったネックレスで、名前もジップネックレスといいます。まんまです。いろんな宝石があしらわれており、お値段は6270万円。括弧書き…

シラミつぶし

「証拠は必ず現場にある!足を使って、シラミつぶしに探せ!」 ちょいちょい刑事ドラマとかで耳にしそうなセリフです。とはいえ、実際にシラミをつぶしたことがあるかというと別問題。今のご時世にシラミなんているの?という話になるのですが、年間30万人近…

インスタグラムに馴染めない

タイトルの通りです。 ひまなときは、ツイッターやはてなブログのアプリをポチッとしてニヨニヨするわけですが、インスタグラムのアプリをポチッとするときは、正装して、正座をしながら見なければいけないぐらいの感覚になるのです。 とくに、1ヶ月近くイ…

肉じゃがの肉の話とか馬肉の話とかとっちらかってます

『美味しんぼ』で、山岡さんが馬主に馬肉を出して喧々諤々の大問題になる話があるというのは以前も記事にしたことがあると思うのですが、同じようなことを書きます。 美味しんぼ(18) (ビッグコミックス) 作者: 花咲アキラ,雁屋哲 出版社/メーカー: 小学…

新幹線って恐ろしい乗り物だったのです

新幹線で名古屋に行ってきたのです。 前の日にちょこっと夜更かしをしてしまったので、新大阪に行く地下鉄の中でうとうとしてしまい、気がついたら二駅ほど乗り過ごしてしまいました。目が覚めて「江坂?なんで?」って感じで、めっちょこ焦りましたが、なん…

リボルバー払い

ではありません。リボルビング払いです。 タイトルで「リボルバー払い」とか書いちゃうのは、SEO対策で言うと一番すかたんなことだと思うのですが、なんとなくノリでタイトル書いてしまうので、もはやどうしようもありません。 それはそうと、たまにリボ払い…

洋書を読む

日本では中学、高校と6年間も英語の勉強をしているのに、ろくに話すことができない、英語教育をもっと改革せねばならんとか言われて、実際に外国人教師による英会話教育も導入され、センター試験ではリスニングが必須となってだいぶ経とうとしております。 …

馬肉プリン

ただ単にふと思いついただけです。 特に馬肉に対しての思い入れはありません。以前食べたとき、そこそこ美味しいと思いましたが、めっちょこ好き!というわけではありません。『美味しんぼ』のエピソード「生肉勝負!!」で馬主に対して馬肉を出して、審査員…

お水取り

関西では「お水取りが終わると暖かくなる」と、よく言います。 関西に住んでいるので「お水取り」という言葉は親からやたらと聞いていたのですが、そもそも「お水取り」が何なのかよくわかっていません。調べてもいいのですが、そんなのはグーグル先生にお任…

同時通訳

アメリカのニュース番組を同時通訳してたりするじゃないですか。 なんかもう、あっぷあっぷしてて、めっちょこ大変そうで、いまいち何を言っているのかよくわからないけど、とにかく日本語に訳そうと頑張っているのが垣間見えるというか、君は上から何を言っ…

ブログを毎日更新するべきか否か問題に終止符を打たない

いわゆるブログの教科書みたいな本を読むと「ブログで成功するには、まず3ヶ月毎日書きましょう。」みたいなことが書いてあります。そして、記事の質か量かの話になると、毎日ブログを書けば結果的に質が上がるので毎日書きましょう、という話になります。 …

かわいそうなぞうの読み聞かせ会

あけましておめでとうございます。 新年となりました。ぐわぐわ団では、恒例の「かわいそうなぞう」読み聞かせ会を行いました。ジョン、ワンリー、トンキーがエサをもらうために芸をするところは、涙なしには読めません。戦争はいけないことだと改めて思いま…

© 2016 ぐわぐわ団