ぐわぐわ団

読んで損する楽しいブログ

ぐわぐわした話題

ぐわぐわとした感じのお話です。

ローテを守り抜く

とりあえず、テレビのニュースを見ていたときのこと。 「ローテを守り抜いて2ケタ勝って、優勝できるように頑張ります」 たしか、こんな感じの言葉だったように思います。 すると、空耳するわけです。 「童貞を守り抜いて2ケタ勝って、優勝できるようにが…

直行便より乗り換え便がのほうが安いのはなぜ?

理由はさっぱりわかりません。 わからないのですが、とりあえず考えてみます。 2017年12月19日(火)に関西国際空港(KIX)を出発し、フランスはパリ、シャルル・ド・ゴール空港(CDG)にとりあえず行きましょうという条件で検索をします。 一番安いのは19日…

懸賞金

大相撲において、買った力士に渡されるのが懸賞金です。もらう前に、ちょんちょんちょんとしてからもらいます。 勝ち力士はこれを右手でみっつ手刀を切ってから受け取るのが現在では普通になっている。 Wikipediaによると、昔は無造作に受け取っていたものの…

相撲取りのまわしについているぴらぴらしたもの

相撲取りのまわしについているぴらぴらしたものを「下がり」と言います。 あれ、よくわからなかったので、とりあえず調べてみたのですが、まわしで高貴な人の前に立つのは恥ずかしいことなので、化粧回しをつけるようになったものの、ごっつい化粧回しをつけ…

きょうぼうなピンクのポリエステル

うちの毛布、ふわふわのもこもこです。ドンキで買いました。ピンク色のが相方の毛布、白いのが私の毛布です。 この毛布は肌触りが良いうえに、外来種駆除で捕獲されたポリエステルの毛を使用しているので、在来種の保護や農畜産物を守ることにもつながってい…

私利私欲財団個人

公益財団法人をご存知でしょうか。 一般財団法人のうち、公益目的事業を行い、行政庁により公益認定された財団法人のことです。身近な例では、日本相撲協会が公益財団法人です。 そして、公益財団法人の真逆の存在こそ「私利私欲財団個人」ではないかと思う…

おべんじょのもんだい

『となりのトトロ』のメイちゃんの有名なセリフといえば「おべんじょ!」ですが、このまえNHK杯を観に行ったときに、おべんじょのもんだいが浮上しました。 NHK杯の会場の男女比率というのはものすごくものすごいもので、女性が9割を占めるという状況なので…

落伍家になる

え〜、毎度ばかばかしい噺を一隻…… って、船じゃあるまいし。 というのが落伍家の成れの果てなのです。 『落伍』とは何かというと「他より遅れをとること。」「力が足りず、競争者や仲間の水準についていけなくなること。」といった意味があります。 世の中…

痛み伴う改革を!!

どっかの誰かが「痛み伴う改革を!!」と言っていました。 このどっかの誰かなんですが、病気になってしまって、どうしても手術しないといけなくなったとき、麻酔はしないのでしょう。 「痛み伴う治療を!!」と言って、麻酔なしで手術に臨む気満々なんでし…

300兆円もの大企業の内部留保への課税なんてむちゃくちゃなことを仰る

政治に関して、たまにはちょこっと話題にしてみます。 どっかの政党が「消費税増税を凍結します!その代わりに300兆円もの大企業の内部留保への課税も検討します!」なんてむちゃくちゃなことをおっしゃるので、なぜむちゃくちゃなのかを、もきゅっと書いて…

えろプロ野球

大昔のファミコンのお話。 ナムコの「ファミリースタジアム」という野球ゲームがバカ売れしていた時、もっと画面がリアルになったスゴい野球ゲームが出る!ということで、大騒ぎになったことがあります。そのリアルな野球ゲームというのが「燃えろプロ野球」…

ウクレレでデスメタルバンドを結成したい

ひょんなことからウクレレを手に入れました。 ギターはFのコードが弾けずにあきらめましたが、ウクレレは小さいのでなんとかなるのではないかと思います。今は手元にウクレレしかありませんので、何から始めたらいいのか、さっぱりわかりません。Cのコード…

ぐわぐわ団へようこそいらっしゃいました

読んで損する楽しいブログ、ぐわぐわ団にようこそいらっしゃいました。遠路はるばる、大変であったと思います。本来であれば、私めが心を込めて、わら半紙にガリ版で印刷をしましてですよ、ご自宅までお届けに上がらなければならないところを、そんなことを…

巨人・大砲・卵焼き

タイトルは間違いです。「巨人・大鵬・卵焼き」が正解。 「巨人・大鵬・卵焼き」とは、昭和40年代の子どもの好きな物を並べた言葉です。川上監督の管理野球でV9を達成した読売ジャイアンツ、優勝32回の大横綱、そして卵焼きです。昔は高くてなかなか食べられ…

自己皇帝感はとっても大切!

私は皇帝である! と思うのはとても大切なことです。皇帝でなければなりません。王様でもダメ、大名でもダメ、もちろん将軍でもダメです。総書記などダメダメです。皇帝こそ全てです。私は皇帝である、という自己皇帝感を持つことが生活を豊かにし、ポジティ…

てぃっしゅだま

ティシュで鼻をかんだらすぐに捨てるべきなのですが、ゴミ箱までの距離が80センチ以上あってコントロールに自信がない場合、とりあえずてぃっしゅだまにしておいて、次回別のティシュで鼻をかんだ後にまとめて大きくして、ゴミ箱までの距離が依然80センチ以…

ねとねと大会

先日、プールに行ってべよべよとしてきた帰り道、大阪市営地下鉄御堂筋線の車内、私の目の前で若人によるねとねと大会が始まりました。正直なところ、あまり興味もございませんが、そんな私に構うことなく、指を絡ませくんずほぐれつ、若人二人がねとねとね…

フィンランドに行くとか何か

私はあまり寝ている時に夢をみたりしないのですが、こないだ疲れていたのか、がっつり夢を見てしまい、寝ながらにして疲れるという矛盾したことになってしまい、実にもんにょりするハメになりました。 ここで、さっそく夢の話を始めようかと思ったのですが、…

脂たっぷりのまぐろのアラを見て買わない

こないだ、大起水産でまぐろのアラを売っていたんです。どこの部位だかよくわからなかったのですが、とにかく脂がたっぷり乗っていて、相方と二人で「すごいねぇ」と感想を言い合い、でもちょっとなんとなく買わずにその場を離れたのです。 その後、もう一度…

シュークリーム

「ちょい悪ダンディのおもしろブログ」に書かれていそうなネタ。 ワイフにシュークリームを買ってくるようの頼んだんですよ。そうしたら、ビアードパパのなんちゃらかんちゃらという、ええ香りのする岩のようなものを買ってきたんですね。これは何だと問い詰…

セレンディピティの重要性

セレンディピティはとても重要です。なんといっても、小さな「ィ」がふたつも使われています。なかなか小さな「ィ」が同じ単語の中にふたつも入っている言葉なんてありませんからね。アイデンティティ?小さな「ィ」がふたつ入っているように見えますけど、…

べかこが南光になったとき、何か時代が変わった気がした

朝、忙しいというか何かとバタバタしていたとき、フッと思いついた言葉をネタ帳に書いておいたのです。すぐに忘れて、そして夜。帰ってきて、ごはんを食べて、なんかもうこれを食べずに死ねるか!と思うぐらいに美味しい特撰バターケーキをいただき、まあべ…

バニラの高収入求人情報を想像してみる

♪バーニラ!バニラ!バーニラ、きゅうじん! ♪バーニラ!バニラ!こ〜しゅうにゅ〜! バニラの街宣車をご存知でしょうか。 この前、心斎橋に言った時に求人サイト・バニラの街宣車を3回も目にしてしまい、あのバニラソングに頭を洗脳されてしまったのです。…

ケンタッキーで洗う

「この服、洗濯機で洗ったよ」という言葉を「この服、ケンタッキーで洗ったよ」と空耳してしまい、それはもう油でぎっちょんぎっちょんになるではないかと思いました。国内産ハーブ鶏を使用し、独自の認定ライセンスをもつスタッフのもと、それぞれのお店で1…

ポティトゥ

ポーテト、ポテト!ポ!テ!ト! トマトを英語っぽく発音するとトメィトゥですから、ポテトを英語っぽく発音するとポティトゥになります。ここは日本だ!日本語を喋れ!と伝えるにも、英語で主張しないといけないように、英語というのは大変便利な言葉なので…

冷蔵庫に潜む罠

冷蔵庫に潜む罠のお話。毎度のことながら大したことのない話です。どのくらい大したことがないのかと言うと、今から「パパパパPUFFY」を全部余さずしっかり観て、詳細な感想文を書いて提出しなさいと言われるぐらいに大したことのない話です。提出先がどこな…

早起きは三文の得

夜更かししてブログを書いています。これでは早起きできそうにありません。このまま徹夜して起きておくほうがよいのではないかと思うのですが、それは早起きとは言いませんので、三文の得になるわけではありません。 それはそうと「早起きは三文の得」だと思…

はてしなく自然飲料を追求するサンガリア

サンガリアの麦茶を飲みました。ペットボトルをしげしげと眺めていると、全然目立たないところにこんなコトが書かれていました。 「はてしなく自然飲料を追求するサンガリア」 この文字列を見た時の衝撃たるや、STAP細胞が発見されたとの報道がなされた時ぐ…

ジャーマンについて

たまには、読んでいただいているみなさんのお役に立つような記事を書こうと思うのです。というわけで、今回はジャーマンについて。 ジャーマンとは、ドイツ人やドイツ語のことを指します。ドイツの、ドイツ風の、というように複合語で使うこともあります。決…

馴れ馴れしく武者小路実篤を語る

武者小路実篤って名前がさぁ、もうヤバいじゃん。四文字の苗字なんてなかなかないじゃない。佐村河内ぐらいだよ、僕が知ってるのは。勅使河原もそういや四文字だったね。覚えてない?合同結婚式で有名になったアイツ。四文字苗字ってヤバいんだよ。誰が聞い…

© 2016 ぐわぐわ団